地方都市版の雇用主指名ビザ(RSMS)を申請するには?

何でも相談

Q 私は現在、学生ビザでアデレードに住んでいます。雇用主から、マッサージ・セラピストとしての雇用オファーをもらいました。過去にオーストラリアでマッサージのディプロマを取得しており、学生ビザで3年アルバイトをしています。日本でも3年経験があります。どうしたら早く永住権が取れるでしょうか。
(31歳マッサージ師=女性)

A ご質問の方の場合、地方都市版の雇用主指名ビザ(RSMS)での申請の可能性があると思います。申請方法ですが、大きく分けて以下のようになります。

1. ビジネス・ビザを2年以上保持した後に永住権を申請
2. ビジネス・ビザを2年未満保持、もしくはビジネス・ビザ以外のビザ保持者の申請や、海外からの申請

ご質問の方の場合、十分なご経験、並びにオーストラリアの資格をお持ちなので、英語力でIELTS6を満たし直接申請するタイプにされると、早く永住権が取れると思われます。

申請者の主な条件

1. 年齢制限:50歳になるまで(一部、例外もあります)

2. 英語:IELTSのスコアが必要で、申請方法によってスコアが変わります。(一部、免除が適用される場合もあります)

・ビジネス・ビザで2年の仕事の後申請:IELTS5
・ビジネス・ビザ2年未満、もしくは直接永住権申請:IELTS6

TOEFLなど、移民局指定の他の英語テストでも構いません。必要なスコアの詳細は移民局ウェブサイトで確認してください。

3. 技術査定:ビジネス

・ビザで2年仕事をされた後に申請する場合は、技術査定が免除になります。経験がない方や、職業によっては、技術査定が必要になるかもしれません。

職業については特別なリストがあり、主にトレード職がこのリストに入っています。(例:調理師、ヘア・ドレッサーなど)。そこに入っている場合は、

・オーストラリアの資格証明を提出
・上記をお持ちでない場合、技術査定を受ける

もし上記の特別リストに申請職が入っていない場合は、ANZSCOの規定に沿った資格もしくは経験があることが求められます。

スポンサーする会社の主な条件

1. 直接申請の場合、そのエリアを管轄する移民局のオフィスからビザ申請の認可をもらうこと
 このビザ申請のために、各州の管轄オフィスにて条件を設けています。例えば、地元誌に求人広告を出すなどが求められることもあります。またエリアによっては、指定した職しか募集していない場合もあります。州によって条件はいろいろですので、申請前に必ずチェックが必要です。

2. 市場労働賃金の支払い
 もし会社内に、同職のローカル・スタッフがいる場合は、そのスタッフの給金が基準となります。

3. 申請者と2年間の雇用契約を結ぶ
 2年未満で退職したことが分かった場合、移民局はビザをキャンセルすることができます。ただし、会社が倒産したなど、不可抗力の場合は考慮されることもあります。

上記は一般的な説明となり、各個人に対するアドバイスではありません。ご自身の詳細については、移民局またはビザ・ エージェントにご相談されることをお勧めします。


西尾 彩子(にしお あやこ)
Australian Visanet

UTS並びにSydney大学卒。教育、流通、航空業界での経験を経て、永住権取得後、移民エージェントとなる。豊富な社会経験を生かした確実・丁寧なコンサルタントに定評がある

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る