卒業後に仕事が出来るビザについて教えてください

何でも相談

Q 豪州で語学学校、専門学校を経て現在大学でマネジメントを勉強しています。今年の6月卒業見込みですが、卒業後仕事が出来るビザがあると聞きました。卒業後は豪州で働きたいので、このビザについて教えてください。
(22歳学生=男性)

A ご質問にあるのは、卒業生ビザ(サブクラス485)のことで、主に以下の通り2種類に分かれます。

Graduate Work Stream

これは豪州国内で2年以上就学し、移民法に定められた技術職の技術と資格を習得した留学生が申請出来るものです。ビザの期限は18カ月間で、その間働いたり就学することが可能です。こちらの種類の卒業生ビザを取得した場合、規定を満たせば、技術独立移住カテゴリーで永住ビザの申請が出来る可能性が出てきます。

Post-Study Work Stream

これは豪州国内で2年以上就学し、規定の学位を習得した留学生が申請出来、ビザ取得後、取得学位によって2~4年間働いたり就学することが可能です。規定の学位とビザの期限は、大学学士、コース・ワークによる修士を取得した場合は2年間、コース・ワークではなくリサーチで修士を取得した場合は3年間、博士を取得した場合は4年間となっています。

申請条件

上記で説明した2種類の卒業生ビザのそれぞれ申請条件は以下の通りです。

共通の条件
● 豪州国内にいること。
● 50歳未満であること。
● 申請時に有効なビザを持っていること。
● 申請からさかのぼって6カ月以内に規定の学生ビザを持っていること。
● 申請からさかのぼって6カ月以内に豪州国内で2年以上フル・タイムで就学していること。
● 健康診断をしていること、またはその予約をしていること。
● 健康保険に加入していること。
● 豪州の警察証明証の申請をしていること。
● 申請時、IELTSなど指定の英語試験で規定以上の点数を取得していること。

Graduate Work Stream(18カ月)
● 技術独立移住申請可能職業リストに載っている職業について、技術査定の申請をしていること。

Post-Study Work Stream(2~4年)
● 豪州で最初の学生ビザを取得したのが2011年11月5日以降であること。
● 申請からさかのぼって6カ月以内に規定の学校から規定の学位を取得していること。

またGraduate Work Streamの場合、就学したコースが職業リストに載っている職業に関連していれば、学位は必ずしも大学卒以上でなくても構いません。例えば、自動車の整備士などの技術職の場合は、技術資格またはディプロマ・レベルとなり、2年以上の就学と技術査定が必要です。

Post-Study Work Streamの場合、学生ビザ取得が「2011年11月5日以降」というのは、大学への学生ビザ取得日ではありません。もし、その日以前に語学学校に通うために学生ビザを申請取得していた場合は、Post-Study Work Streamでの卒業生ビザを申請することは出来ませんので、ご注意ください。

なお、上記は一般的な情報としての説明であり、詳細は直接移民省やビザ・エージェントまでお問い合わせください。


日豪プレス何でも相談

 

中澤 英世(なかざわ ひでよ)
YAustralian Visa & Education

 

旅行会社、英語学校、大学関連教育会社勤務を経て2002年より豪州政府認定ビザ・エージェントとなる。在豪25年の経験を生かし、留学・起業など幅広く相談に乗っている。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る