オキュペーショナル・トレーニー・ビザ(Occupational Trainee Visa=サブクラス442)

ビザ VISA

日豪プレス何でも相談

Q: 私はシドニーでツーリズム(Tourism)のディプロマ(2年間)を修了しました。学生の時にパート・タイムで働いていた旅行会社からオキュペーショナル・トレーニー・ビザ(Occupational Trainee Visa=サブクラス442)の話をいただきました。2012年11月24日からビザが大幅に変更されたと聞きましたが、私のビザは申請可能でしょうか。 (27歳学生=男性)

A:  オーストラリアの移住市民権省は12年11月24日より多くのビザ申請の変更を実施しています。大きな変更は一時就労ビザで、ビザ・サブクラスの数を減らし、各サブクラスの下にストリームを設置しています。大まかな変更内容は以下の通りです。

2012年11月24日より以下のビザ・サブクラスが廃止となります。

● 政府間協定ビザ:Government Agreement(Subclass 406)visa
● 交換ビザ:Exchange(Subclass 411)visa
● 外国政府関係者ビザ:Foreign GovernmentAgency(Subclass 415)visa
● 客員研究員ビザ:Visiting Academic(Subclass419) visa
●スポーツ競技・審判ビザ:Sport(Subclass 421)visa
● 医療従事者ビザ:Medical Practitioner(Subclass 422)visa
● 報道・撮影関係者ビザ:Media and Film Staff(Subclass 423)visa
● ドメスティック・ワーカー( Temporary ):Diplomatic or Consular(Subclass 426)visa
● ドメスティック・ワーカー( Temporary ):Executive(Subclass 427)visa
● 宗教関係者ビザ:Religious Worker(Subclass428)visa
● 職業研修ビザ:Occupational Trainee(Subclass 442)visa
● プロフェッショナル開発ビザ:Professional Development(Subclass 470)visa

上記リストのビザ申請有資格者は、以下の5つのビザ・サブクラスのいずれかで申請することになります。

● 一時就労( 長期滞在活動= サブクラス4 01)ビザ:Temporary Work(Long Stay Activity=Subclass 401)visa
−スポーツ(Sport stream) 
−宗教関係者(Religious Worker stream) 
−交換(Exchange stream)
● トレーニング&リサーチ・ビザ(サブクラス402):Training and Research (Subclass 402) visa 
−プロフェッショナル開発( Professional Development stream) 
−職業研修(Occupational Trainee stream) 
−リサーチ(Research stream)
● 一時就労( 国際関係= サブクラス4 0 3 )ビザ:Temporary Work ( International Relations=Subclass 403) visa 
−政府間協定(Government Agreement stream) 
−外国政府関係者(Foreign Government Agency stream) 
−ドメスティック・ワーカー、外交官または領事官宅従業員(Domestic Worker、Diplomatic orConsular stream) 
−特権および免除(Privileges and Immunitiesstream)
● 一時就労( 技術= サブクラス4 5 7 )ビザ:Temporary Work (Skilled=Subclass 457) visa 
−労働協定(Labour Agreement stream) 
−スタンダード・ビジネス・スポンサー(StandardBusiness Sponsor stream)
● 一時就労( エンターテイメント= サブクラス4 2 0 )ビザ:Temporary Work(Entertainment=Subclass 420) visa

ご質問いただいた旧オキュペーショナル・トレーニー・ビザ(サブクラス442)についてはトレーニング&リサーチ・ビザ(サブクラス402)の職業研修(Occupational Trainee stream)で申請することになります。このストリームに申請するための必要条件は以下の通りです。

● 職業研修スポンサー(スポンサーシップの申請で12年11月24日よりも前に行っているもの=Occupational Trainee)、またはトレーニング&リサーチ・スポンサーにより、スポンサーされていること。
● オーストラリアによってトレーニングが行われない場合、職業研修のためのノミネーションで許可を受けていること。
● オーストラリアによってトレーニングが行われる場合、職業研修の参加に招待を受けていること。
● ノミネーションで確認された職業研修を受けるためにオーストラリアに入国し、滞在する予定であること。 
● ノミネーションを受けたトレーニングのために、オーストラリアに一時的に滞在する純粋な意思があること。
●18歳以上であること(特別な事情の場合を除く)。
● トレーニングを受けるのに十分足りる英語力、また労働安全基準(Occupational Health andSafety Standards)を満たすに足る英語力があること。
● オーストラリアでの滞在期間中、ビザ申請者およびビザ申請者の家族をサポートするのに十分な資金があること。
● オーストラリアでの滞在期間中をカバーできる健康保険に、ビザ申請者およびビザ申請者の家族が加入する準備が整っていること。

もし質問された方が以上の条件を満たしていればトレーニング&リサーチ・ビザ(サブクラス402)で申請することが可能となります。


 

日豪プレス何でも相談

山口 正人(やまぐち まさひと)
日本ブレーン・センター・オーストラリア

NSW大学オーストラリア経営大学院にてMBA(経営学修士号)を取得。投資銀行を経て、シドニーで日系のビザ・コンサルティング会社、(株)日本ブレーン・センター・オーストラリアを設立。著書に『オーストラリア・ビザ・ガイド』(アルク出版)など。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る