ビザ申請のための健康診断

ビザ VISA

日豪プレス何でも相談

 

 

 

Q  ビザ申請のための健康診断はどのように受診したらいいでしょうか。またオンラインでの申請と紙での申請の違いは何ですか?

(23歳女性=学生)

A: ビザを電子で申請する場合(例:一時就労(技術)ビザ、雇用主指名ビザ(ENS)、地方雇用主指名ビザ(RSMS)、技術独立ビザ(GSM)、学生ビザ)、申請を実施した後、移民省よりトランザクション・リファレンス・ナンバー(TRN)が提供されます。移民省指定のクリニックは、そのTRNを用いて「eHealth」のシステム上で申請者のビザ申請にアクセスします。そのため、通常、健康診断はビザ申請実施後に受診する必要があります。

健康診断の担当医師はオンラインで健診結果を移民省へ送ることができ、審査のプロセスを効率的に行うことが可能になります。

ビザをハード・コピー、または用紙で申請する場合は、申請実施後、ファイル番号やクライアントID、申請ID、またはパーミッション・リクエストID が割り当てられます。

通常、これらの識別ナンバーは移民省からの申請書類受領書(Acknowledgment letter)に記載されており、識別ナンバーのうちの1つがあれば、「eHealt h」で、健康診断の担当医師やクリニックがあなたのビザ申請を識別することができます。

ビザ申請のための健康診断は、移民省指定のクリニックでパネル・ドクターによる健康診断が必要です。パネル・ドクターとは、オーストラリア政府によって任命された、オーストラリア国外でビザを申請した方の健康診断を実施する医師やレントゲン技師のことです。

「eHealth」は日本を含め、世界中、広範囲で利用が可能です。移民省指定のクリニック・リストの中で「eHealth(日豪プレス何でも相談 )」または「eMedical(日豪プレス何でも相談 )」のロゴがクリニック名の横に表示されているクリニックで受診すると、診断結果がオンラインで移民省へ送られます。

「eHealt h」または「eMedical」のロゴが表示されていないクリニックで受診する場合は、クリニックが「eHealth」であなたのビザ申請を識別できるように、正しい健康診断用紙を移民省のウェブサイトからダウンロードしてください。

最後に、オーストラリア国内でビザ申請を実施した場合、Medibank Health Solutions(MHS)で、健康診断予約がオンライン、■Web: www.medibankhealth.com.auまたは電話■Tel: 1300-361-046で可能です。

健康診断結果が、オーストラリアの健康基準を満たしていない場合、移民省がビザ申請の審査結果を出す前に、さらに検査を要請されることもありますのでご注意ください。


日豪プレス何でも相談

Tony Min( トニー・ミン)
スタッフソリューション・オーストラリア

移住手続認定代行業者登録番号(Migration Agent Registered Number): MARN 1068924ニュージーランド政府公認移民アドバイザー ( Fully licence Immigration Adviser in NZ) IAAライセンス番号: 201100349オーストラリア移住協会 (Migration Institute of Australia)会員番号:MMIA 4556Justice of the Peace (JP 199217)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る