不動産に纏わる『リスク』も理解しよう

オーストラリア不動産の現状
不動産に纏わる『リスク』も理解しよう

不動産保有は、家族の夢・自分の理想の暮らしの実現、または資産の増幅、不労収入の確保など人生におけるポジティブな選択肢の1つであるといえます。しかし、これらの長所だけではなくリスクがあることも、苦境に陥る前に理解するべきです。昨年のコロナ禍においても、残念なことに「決済失敗者」の方々の数が増えています。なぜ、せっかく計画していたはずの不動産購入に失敗してしまったのか、事前にどう防ぐことができたのかを今回はご説明します。

最悪の状況に陥らない心構え

オーストラリアにおいて、不動産物件を建築前に契約して、建物完成後に購入契約を交わす「オフ・ザ・プラン」は現在一般的に広く知られています。伝統的には出来上がった中古住宅を目視で確認し購入するのが、通常でしたが、需要の増加に伴い、まだ建築前の不動産計画の資料を確認し購入契約を結ぶ方法を選ぶ方々も増えています。これらの事前購入に関しては、物件価格高騰前ですと非常に有効でした。事前に予約している物件の価値が完成時に上昇していたことが、多かったからです。しかしながら、時期によっては逆の場合もあり、物件価値が下がり銀行の査定が購入契約を交わした際よりも低くなっていることがあります。融資で購入しようとする場合に、銀行の査定が以前と格段に低下してしまった場合、融資が必要金額に到達せず、購入不可になります。これが「決済失敗」という状況です。最悪のケースを説明しますと、最初の頭金を失い、違約金を払わされ、その上不動産は手に入らないとトリプル・ワースに陥ります。

『準備』・『危機管理の理解』から始めよう

例えば、契約時に今は頭金10パーセントだけでいいと言われたとしても、もしもローンを希望する場合、事前に自身の金融限度額を確認し、「予算を知る」ことは必須です。頭金は予算内だから、若しくは間取り・内装を気に入ったからと安易に不動産契約を早急に結ぶのはお薦めできません。また、市場が万が一下がる場合も想定し、余裕を持って金融プランニングをし、『リスク』に関しての知識を得ておきましょう。物件を実際に探しにいくのは楽しいですが、その前に必ずするべき対応を取る、それらの説明をしてくれる専門家に相談をすべきです。夢の暮らしのための家探しにおいて、問題が起こる前にまず現状と起こりうる可能性のあるリスクも理解しておきましょう。

このコラムの著者

鶴美枝

鶴美枝

グローバル・インテリジェンス・マネージメント代表。創業2010年以来、豪州各地の優良不動産を厳選し、豪州及び日本在住のホーム・オーナー若しくは投資家の方々の購入をサポートし資産増幅、理想の住まいの確保に日々尽力中。日本と豪州にて法学部大学院卒業。豪州不動産フルライセンス保持

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る