豪州不動産の特長を生かした自宅・投資不動産の購入/不動産の現状

オーストラリア不動産の現状
豪州不動産の特長を生かした自宅・投資不動産の購入

 豪州では2021年、急速な経済回復と不動産市場の持ち直しによって、各金融機関やメディアなどによる、本格的な不動産物件価格の上昇予測の発表が続きました。

 この予測は、上記の国内事情に加え、住宅原材料である輸入木材の不足と部材輸送の遅れによる住宅建築のコスト増、その他の金融投資の活況など、国際的な複数の金融上の要因が影響しています。

 また、新型ウイルスの流行という災害下にライフスタイルが見直されたことによる、「家族を大事にしたい」「私生活を豊かに保ちたい」「在宅業務が増えても居心地の良い生活空間を確保したい」という心理的な欲求を背景に、土地価格も、郊外を含めて如実に上がっています。

上昇トレンド中の戦略的資産増幅

 もともと人口増、都市集中型、住宅の高い耐久性といった特長を持つ豪州の不動産市場は、「キャピタル・ゲイン」と呼ばれる物件価格の上昇から生じる利益と共に、場所と物件次第で賃貸家賃収入という「インカム・ゲイン」も見込める、「ダブル・ベネフィット」が享受できることで知られています。

 また、法的に権利が確保される先進国であることも安心の指標の1つです。

 それらの特性に加え、現在の客観的な市場動向予測を考慮すれば、堅実な資産増幅と不労収入の確保のために、今、不動産の購入を検討することは、十分に理にかなっていると言うことができるでしょう。

将来につなげる安心の自宅または資産確保

 理想のライフスタイルを実現するために、居心地の良い住宅を手に入れることが大切なのはもちろんのこと。更に、将来の生活を支える収入源として引退後の生活にも役立つ資産になるのであれば、より一層喜ばしいですね。

 現在、豪州の土地価格の上昇は顕著となっていますが、都市によってはまだ高上がりしていないエリアもあり、その戸建住宅を購入するのもお薦めです。

 もしも投資不動産の購入を検討するなら、間違いなく上昇を見込めるという「潜在的上昇エリア」を選択することが大切です。

 今後、更なる価格上昇が予測される豪州不動産。今が資産増幅のチャンスであることは明白です。購入に関しては、不良住宅やリスク・エリアを避ける意味でも、信頼できる専門家のサポートが肝要です。

このコラムの著者

鶴美枝

鶴美枝

グローバル・インテリジェンス・マネージメント代表。創業2010年以来、豪州各地の優良不動産を厳選し、豪州及び日本在住のホーム・オーナー若しくは投資家の方々の購入をサポートし資産増幅、理想の住まいの確保に日々尽力中。日本と豪州にて法学部大学院卒業。豪州不動産フルライセンス保持

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る