労災請求の手続きについて教えてください。

日豪プレス法律相談室

日豪プレス法律相談室

第2回

交通事故に遭ってしまった、職場でケガをしてしまった、ビザの手続きはどうしたらいい?など、日常生活では何かと問題も起こるもの。この相談室では、よくある法律相談について、QLD州で活躍する日本人弁護士・専門家が解説します。

 

Q 仕事が原因でひどい腰痛に悩まされています。病院で診てもらったところ、労働災害の請求ができると言われました。労災請求の手続きについて教えてください。

 

A QLD州の労災請求には(1)Statutory Claimと(2)Common Law Claimがありますが、今回は職場や通勤途中にケガをした際に申請可能なStatutory Claimについて説明し、雇用者に過失のある場合のCommon Law Claimは、次回説明します。

 

①誰が申請できるのか?
 労災法上、労働者とみなされる人が労働によりケガをした場合は、ケガの原因に関係なく、労災法に基づいて補償手当ての申請が可能です。一般的には、雇用者から給料をもらっている、定時の労働が決められている、監督下にあるといった人が、労働者とみなされます。そのほかにボランティアやワーク・エクスピリエンスの学生が対象となる場合もあります。

 

②申請方法
 労災の申請はWork Cover Queenslandという機関に対して行います。Work Coverは雇用者が加入する労災保険会社で、補償の査定を行い、支払いをします。
 申請に際しては、まず雇用者にケガの報告をし、医師に労災用の診断書を書いてもらいます。申請書はWork Cover Queenslandのウェブサイトから入手することができますので、医師の診断書とともに郵送、ファクスで提出します。またはオンラインでの申請も可能です。

 

③Work Cover による審査
 労災申請の受諾が確認された後、Work Coverの審査が始まります。審査には通常2~4週間かかりますが、この間、Work Coverはケガの発生状況についての調査を行ったり、別の専門医の診察を受けるよう申請人に指示することもあります。
 その後、申請人が「労働者」であるか、「ケガ」を負ったかどうか、申請人の負ったケガに雇用が大きく貢献しているかといった点を基準に労災手当ての支給の判断がくだされます。結果についてはWork Coverから通知があります。もし結果に納得がいかない場合は、再審査を要求することができます。

 

④労災の補償手当て
 受給資格があると判断されると、申請人は賃金手当、治療費、交通費、リハビリの費用、復職サービスおよび身体障害が残った場合の補償金などを受け取ることができます。受給期間の決定にはケガの程度や回復の状況などが考慮されます。
 手当には、通勤途中の事故の車両への物損や、Work Coverの承認のない入院費用などは含まれません。申請の際には何が対象となるかを予め確認しましょう。

 


 

日豪プレス法律相談室
柿崎秀一郎
リトルズ法律事務所弁護士
日豪プレス法律相談室
岩崎知美
リトルズ法律事務所弁護士・移民申請代理人

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る