教えて!不動産売買の常識/投資に必要な情報まとめ①

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Managing Director)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

不動産投資について知りたい! 投資に必要な情報まとめ①

不動産収入があれば、生活がより豊かになるでしょうし、何かと不満のある今の勤務先を退職して、自分の時間を自由に使える生活が手に入るかもしれません。そんな生活を目的として不動産投資をお考えの方へ、投資に必要な情報をお届けします。

不動産投資といえばサラリーマンというイメージが定着するほど、不動産投資を始めるサラリーマンが多くなっています。なぜサラリーマン・オーナーが増えているのか、その背景と目的を1つずつ検証していきたいと思います。

1.仕事のあり方や収入への不満

オーストラリアではサラリーマンや公務員といった給与所得者を中心に、不動産投資家を目指す人が増えています。その理由や動機はさまざまだと思いますが、現在の仕事のあり方や収入への不満が要因になっていることは間違いないでしょう。

2.投資が身近になってきた

かつて不動産投資、オーナー業というと代々受け継いだ土地や建物がある人の専売特許だと思われてきました。今もそうした人たちは不動産オーナーとして大きな利益を上げていますが、そんな資産家と呼ばれる人たち以外にも広がっているのが、昨今の不動産投資事情です。ネット情報の発達や個人投資家向けの融資が拡大していることなど、サラリーマンが不動産投資を始めるまでのハードルが低くなっているのは、大きなポイントです。以前から興味を持っていた人たちがたくさんいたことを考えると、最近になってそのハードルが低くなったことが、サラリーマン・オーナーを急増させる引き金になったということです。

3.定年退職や生活スタイルに縛られない

定職があるからといって安心できないご時世であるのに加え、サラリーマンには定年退職があります。更に、本業に不満があっても生活のことを考えると辞められないという人もいるでしょう。一方で、不動産オーナーに定年はなく、何歳であっても物件から入ってくる不動産収入に影響はしないのです。大企業に勤めていたり公務員であるからといって以前ほど安心できないのが、今のご時世です。それらのことを考えると、不動産投資によって安定的な別の収入源を持っておくことがいかに重要であるかお分かりいただけると思います。

3つ目については、多くの人びとが潜在的に思っていることではないかと思います。お金にさえ困らないのであれば今の仕事なんて辞めたい! と心の中で思っている人にとっては、不動産投資はその人生を大きく変えるきっかけになるかも知れません。「宝くじに当たったら会社を辞めて……」と夢を語る人がいますが、不動産投資の方がはるかに現実味があります。


ジャスミン・キム
NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを2009年から開催。分かりやすいと定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人2,000人以上を含む8,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る