隣の家の木で駐車場の地面(コンクリート)をゆがませています

日豪プレス何でも相談

Q: 4世帯が入居する集合住宅に住んで3年になります。この4軒のオーナーでいつも話題に上がるのが隣の家の木で、枝が覆いかぶさっているばかりか、張り出した木の根が私たちの駐車場の地面(コンクリート)をゆがませているのです。私たちの方にボディ・コーポレートはありません。修理費がかさむだけに、「隣が悪い、隣にすべて修理させろ」と皆言うばかりで先に話が進みません。どう対処すべきですか?
(33歳女性=主婦)

A: 隣の家の庭木が覆いかぶさっている場合において、迷惑を被っている方の住人が境界線からはみ出している部分を伐採すること自体には違法性はありません。隣人(木が植わっている方)の許可さえ必要とされません。

ただしその伐採行為に費用がかかる場合、その隣人にコスト請求をすることはできません。そればかりか、その木、あるいはそのほかの木、隣人の家屋や土地などに何らかのダメージが生じた場合には、伐採行為を行った方に責任が追求されることになります。

したがってそうした自己解決手段を講じる場合には、事前に庭師などからのアドバイスを受ける方がよいでしょう。もちろん不要なトラブルを避けるために、隣人に伐採の意志を申し出るべきでしょう。

また、木の種類によっては管轄のカウンシルによって保護対象に指定されていることも考えられ、指定されている木を伐採することは違法行為となりますので、カウンシルに事前に問い合わせることも必要となるでしょう。

迷惑を根拠に隣人を訴えることは理論的には可能ですが、単刀直入に申し上げると、特に小規模の問題の場合、費用対効果についての疑問もさることながら、隣人との恒久的なトラブルの原因となることは事前に予測しておくべきでしょう。

ただし、ご質問者の場合はビルの価値自体を下げるまでに大きな問題であるようですので、損害賠償請求訴訟をオーナー全員で考慮すべき問題である可能性が高いであろうと考えます。

隣人側に植わっている木によるケガや物的損害に対する訴えは、The Land and Environmental Courtで行うことになります。ただし、特筆すべきこととしては、裁判所がそうした訴えを認めるのは、訴えを起こす前に当事者間が和解を試みるための妥当な努力を行った事実がある場合に限られるということです。

また、法的手段を講じることは、とかく多くの時間と費用を要するもので、前述の通り、費用対効果が期待できる被害金額であるか否かの事前判断は非常に重要となります。また、隣人が相手となる訴訟手続きは勝敗にかかわらず、後味の悪いものとなるでしょう。したがって隣人とのトラブルについては、対話による解決、そして事前の考察がたいへん大事になってくると考えます。

なお、本記事は法律情報の提供を目的として作成されており、法律アドバイスとして利用されるためのものではありません。

 


 

日豪プレス何でも相談

 
山本(青木)智子(やまもと ともこ)
Yamamoto Attorneys
 
 
NSW大学法学部・教養学部卒。International Lawyers Co-operativeのメンバーであるYamamoto Attorneysの代表として各種法務を遂行している

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る