住宅ローン申請に必要な書類は?

夢のマイホーム計画

 

オーストラリアで夢のマイホーム計画

第56回

住宅ローン申請に必要な書類(PAYGに該当する人の場合)

今回はPAYG(「Pay As You Go」の略)に該当する人を対象に、ローン申請で必要となる書類についてご紹介していきたいと思います。基本的には、どこかに勤めている人の融資で必要な書類となります。

 
● 100ポイントの身分証明書:パスポート、運転免許証、メディケア、銀行のステートメント、公共料金のステートメントなど

100ポイントの証明書は、ローンの申請時に必ず必要となります。ほとんどの銀行では、ローンのオファー・レターに署名する時、再度身分証明書の提示を求められます。パスポートと運転免許証があれば、100ポイント以上と見なされます。パスポートもしくは運転免許証のみ提示する場合には、そのほかの書類と一緒に出して合計100ポイントにします。

 
●収入証明:
(a)最新の給与明細(過去3回分)
給与明細は手書きではなく、コンピュータ入力されていること、勤務先の会社名、ABNなどの詳細が記されていること、YTD(Year to Date:当会計年度の最初から現在まで)が記されていることが大切なポイントとなります。手書きの収入証明の場合は、給与支払いが銀行のステートメントに反映されていることで確認されます。
 
(b)グループ・サーティフィケート、タックス・リターン
 

(c)ファミリー・アローワンスの最新のステートメント
「ファミリー・アローワンス」を銀行によっては100%収入として計算する場合、収入として計算しない場合があります。
 
(d)貯金証明:過去6カ月分の貯蓄証明
 銀行が融資するにあたって、貯蓄能力があるかどうかを見極めるために必要となります。また最新の情報に関しては、自宅などに届く紙のステートメントに反映されていない可能性がありますので、その場合はインターネット・バンキングのステートメントの利用をお勧めします。ただこのステートメントには名前が入っていないものがほとんどですので、名前が記載されている紙などのステートメントの口座番号と一致させることで証明します。
 
● 物件を既に所有している場合:カウンシルからの「Rate Notice」、家賃収入がある場合にはリース・ドキュメント
 
● ローンがある場合:クレジット・カードの過去3カ月のステートメント、現在持っているすべてのローンの過去6カ月分のステートメント

以上が基本的に必要とされる書類です。書類の解釈も銀行によってはさまざまです。次回は自営業を営む方の必要資料をご紹介していきます。


夢のマイホーム計画

XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る