第60回 アベノミクスの影響?

夢のマイホーム計画

オーストラリアで夢のマイホーム計画
第60回

アベノミクスの影響?

アベノミクス効果を発揮してか、たいへんな勢いで円安が進んでいます。いったいどこまで進むのか。安倍首相が昨年11月15日にデフレ脱却・無制限の量的緩和策を打ち出した前と後では、2割以上のレート差ができています。

さて、この円安や円高といった動きは、マイホームを購入する予定の私たちにとっても影響はあるのでしょうか。

頭金を増やしてローン額を減らす目的で、日本からの送金を考えているのであれば、この円安はあまり嬉しくない状況です。以前より2割以上日本円を投資しないことには同じ金額を頭金に利用できないからです。逆に円高であれば、頭金を大幅に増加させることができます。

また、これよりさらに継続的な影響を受けるケースもあります。収入源がオーストラリア・ドルではなく、円であるという場合です。

例えば、日本に在住しており、海外投資家としてローンを利用してオーストラリアの物件を購入、もしくはオーストラリアに以前駐在しており、オーストラリアの物件を購入して現在は日本からローンを返済する、またはオーストラリア在住であっても単に収入の多くが日本円であるという状況が挙げられます。

海外投資家にとってのローンのリスクは、現地の金利の上がり下がりよりも、この「為替のリスク」が最も大きいと言えます。

ローン部分が家賃収入でカバーされているというのであれば、家賃はオーストラリア・ドルで入ってくるので影響はありませんが、ローンの一部を日本円で補っているというのであれば、この円安の影響で1度にローン返済額が2割増すことになります。

以上、マイナス面を見てきましたが、プラス面はあるのでしょうか。

円安に伴い株価が上昇しているので、株を持っている人にとってはその分を利用できることは言うまでもありません。

また購入した物件の資産価値が同様に2割増しとなり、売却した時のキャピタルゲインは、日本円にすると増加することになります。

アベノミクス。一個人の願いとしては、早く落ち着いて、日本の経済にプラスの効果を与えてくれればと思います。


夢のマイホーム計画

 
XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon
 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る