第62回 セルフ・マネジド・スーパー・ファンドについて

夢のマイホーム計画

オーストラリアで夢のマイホーム計画
第62回

セルフ・マネジド・スーパー・ファンドについて

「スーパー(スーパーアニュエーション)で住宅ローンをして物件購入できるんですか?」という質問を受けることがあります。

スーパーアニュエーションは、いわゆるオーストラリアの年金制度です。雇用主が給料とは別に、給料の9%分をスーパーとして退職後の生活のために支払っていきます。貯まった資金はスーパーを管理するそれぞれの会社が資金を増やすために投資などをします。

しかし、増えるはずの年金が、投資がうまくいかないがために減っていたり、管理費用やコミッションが差し引かれていたりします。そこで「自分の年金なのだから、費用まで払って管理会社に任せるのではなく、自分で管理します」というのがセルフ・マネジド・スーパー・ファンド(Self-Managed Super Fund=SMSF)なのです。DIYが好きなオーストラリア人。スーパーまでDIYなのです。

いろいろな規制はありますが、このSMSFを立ち上げ、それから物件を購入することが可能です。大切な退職後の資金となるので、銀行からの融資にもいろいろな制限がかかってきます。しかし個人の条件によっては、税金の面からみて非常に有益である場合もあり、ここ数年でSMSFを利用して物件を購入するケースがかなり増えました。

しかし、そんなブームを狙った詐欺もたくさん報告されています。先日のニュースによると、SMSFを設置して物件購入が簡単にできるとし、多くの人が被害を受けています。詐欺で売られる物件は暴騰した物件で、実際にはそんな値段の価値もないものです。1年目の家賃は保証するなどと言われ、数軒の購入をSMSFで勧められ、大切な資産を失ってしまいます。オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は注意喚起するとともに、SMSFに限らず、資産に関わる決断は必ず第三者となる専門家に相談するようにと述べています。

SMSFにすることによって、自分の大切な資産を上手に運用することが可能です。専門家に相談して、自分の状況に合うものであるかどうか、またどういった権利が守られているかなどをしっかり理解して、退職後のための資産を構築していきたいですね。


夢のマイホーム計画

 
XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon
 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る