第60回 繰り上げ返済の効果

夢のマイホーム計画

オーストラリアで夢のマイホーム計画
第60回

繰り上げ返済の効果

「固定型金利と変動型金利のどちらが良いと思いますか?」。そんな質問をよく受けます。日本では「ローン期間中すべて固定」というケースも少なくありません。金利がこれまでにないほど低くなったオーストラリアでは、固定金利を選ぶ人が増えたものの、まだ変動型金利が主流。その理由には変動型金利では、繰り上げ返済が可能だということが挙げられます。

 

繰り上げ返済とは

繰り上げ返済とは、毎回の決められた支払い額よりもさらに多くの額を返済することを指します。ローンの元金を繰り上げ返済することで減らし、ローンにかかる利息を減らすことを目的とします。ボーナスなど予定外のお金が入った時に入金することはもちろん、毎回の返済額に30ドル、50ドルなど好きな額を余分に返済することが可能です。今ではインターネット・バンキングを利用している人が多いので、簡単に繰り上げ返済ができます。

 

繰り上げ返済の効果

ローン額が30万ドル、30年ローン、金利が5.7%として毎週の返済額は402ドル。この場合繰り上げ返済を全くせず、また金利の変動がないと仮定すると30年間で利息は32万6,600ドルになります。
 これを毎週50ドル余分に繰り上げ返済すると仮定します。そうすると30年間で支払う利息は8万9,000ドル減って、ローンも約22年間で完済することになります。毎週50ドルと定期的ではなく、余分なお金ができる度に多く支払ったことを考えてみてください。ローンを早期に返済することも決して不可能ではありません。

 

引き出し

「ローン口座にどんどんお金を入れていては、いざという時にアクセスできるお金がなくて不安」。おっしゃる通りです。ましてや頭金でこれまでの貯蓄を使ったわけですから、万が一の際、緊急に出費が必要となることを考えると、あまり調子良く繰り上げ返済するのも考えものです。
 でも心配無用、ローン額以上に余分に支払った額は引き出すことができる(Redraw)からです。ほとんどの銀行でペナルティーもなく(最低引き出し金額を設けている銀行はある)、いざという時には、繰り上げ返済用に溜まっている資金にアクセスできます。
 金利が非常に低い今こそ、余分に繰り上げ返済をして、一挙にローン完済を目指すことが可能ですね。


夢のマイホーム計画

 
XL Group
住宅ローン・コンサルタント
(MFAA正式会員)
Yon
 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る