【PR】ワイドエステートで後悔のない 不動産投資を

2020年へ向けて不動産動向を先読みする

不動産 in QLD
ゴールドコースト編

2020年へ向けて不動産動向を先読みする不動産in QLD

PR

不動産購入をトータル・コーディネート
ワイドエステートで後悔のない不動産投資を

ゴールドコーストに拠点を置き、主要都市やリゾート地を広範囲にわたり不動産・コンサルティング業を展開しているワイドエステート。日本からの不動産投資、住居用、法人向けの不動産購入など、顧客の目的に合わせ、各専門分野のコンサルタント、弁護士、会計士、金融機関とのネットワークを最大限に活かし、一貫したサポートを提供する同社の代表・砂川盛作氏に、同氏が考えるQLD州の不動産の市場の現状について伺った。

QLD州の不動産の現状と傾向

ワイドエステート代表の砂川盛作氏
ワイドエステート代表の砂川盛作氏

砂川氏によると、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズの不動産はシドニー、メルボルンに比較するといまだに安価で購入できることが大きな特徴だという。シドニーやメルボルンは、オーストラリア国内でも経済規模が大きく知名度も高いため不動産の“投機先”として真っ先に名前が上がり、その結果、実態を伴わない過度な不動産価格の上昇が起こっている。一方、ブリスベンやゴールドコースト、ケアンズは投機対象としては魅力に欠けることから、投機家の影響を受けた急激な価格上昇があまり見られず、むしろ経済規模の実態に沿った安定した価格の上昇率で推移しているという。また、ブリスベンは国内第3位、ゴールドコーストは6位の経済規模であり、シドニー、メルボルンと同様に毎年経済規模が大きくなっていることも重要なポイントであると砂川氏は指摘する。これは投機家にとってはうまみのない市場ではあるが、投資家や住居用の物件を求める人にとっては購入のしやすい安定した価格上昇、つまり健全な資産を形成できる市場がいまだにあり、安価で不動産が購入できることを示しているという。

最近の傾向としては、賃貸事業用として購入した不動産を自身でも利用したいというニーズが増えているという。例えば、購入した不動産を年間2~3週間は自身で利用し、自分が使わない期間に内外の観光客やビジネスマンに貸し出して収益を得るというイメージだ。ゴールドコーストやケアンズのリゾート地ではこの仕組み(ホリデー・レッティング)は既に確立しているものの、都市部ではあまりなじみがなかった。しかし、ここにきてエアビーアンドビー(Air BNB)など空き部屋の貸し出しを専門に扱う業者が増えてきており、都市部の物件を購入し自分で利用しながら賃貸収益を得るという購入者にとって一石二鳥となるような仕組みが整ってきたことが不動産購入への関心につながっていると砂川氏はみている。

今、不動産を購入するメリット

同氏は、不動産を購入するメリットとして、オーストラリア経済の成長と拡大、そして毎年約40万人前後増える人口の増加を背景に長期的に安定した資産価値の上昇と収益が見込める点を挙げる。今年オーストラリアの経済成長は世界最長の28年を記録している。また、まさに今は為替が円高傾向であるため豪州ドルを調達する人にとってこの環境を享受しない手はなく、更にオーストラリアの不動産市場は7~8年に1回のサイクルで市場価格が下がる時期があると言われており、そうした時期を抑えることで収益が望めるという。この周期の簡単なメカニズムを説明すると、オーストラリアは人口が毎年増える中、住宅が不足気味で価格と家賃が上昇、そこに不動産開発業者が短期間で一気に供給数を増やす。大型の分譲物件も含め完成には2年ほどかかるが、完成時に供給が一気に増え供給が需要を超えて市場がだぶつき、その結果、価格と家賃が下がるという局面を迎える。そして人口は毎年増えているので、しばらくすると需要が供給を上回り、再び価格の上昇に転じるという歴史を繰り返しているという。砂川氏は「過去に何度も価格調整の局面を迎えていますが、不動産と家賃の過去の折れ線グラフの平均値のラインを見ると、右肩上りに安定的に上昇していることが見て取れます。この事実からも不動産が安定した資産であることが分かります」と語る。

一貫したサポートを提供するワイドエステート

不動産ビジネス歴30年の砂川氏は、日本とオーストラリアの不動産事情の違いを熟知し、顧客に対して分かりやすく丁寧に説明すること、そして顔の見える営業をモットーとしている。遠く離れたオーストラリアの不動産会社と電話やメールだけでやり取りをすることに不安を感じることも多い。そこで、砂川氏は月に1回、定期的に日本全国各地へ出向きセミナーを開催し、不動産購入を具体的に検討している人と直接会い相談に応じている。顔を合わせて話すことで信頼関係を築くのと同時に、相手が何を必要としているのか、将来どうしたいのかなどの意向をきちんと聞き、物件の購入前から将来まで万全のサポートをできるようにしているという。

またワイドエステートでは、顧客が「こんなはずではなかった」と後悔することがないよう、各専門分野のコンサルタントや専門家をからの知見を取り入れ、顧客を一貫してサポートできる体制を整えている。「日本で不動産を購入する場合、不動産会社が一括して複雑な手続きを行いますが、オーストラリアでは契約や税金関係の対応は各専門家が担当します。そのため、購入希望者個人がその担当者を探し、交渉して業務を依頼しなければなりません。また専門家に業務を依頼できたとしても、担当者によって一般住宅物件は詳しいが商業物件は苦手といった得意・不得意があり、担当する物件の地域の特性を理解していない問題もあります。そのため、私たちは安心して不動産を購入できるようにトータルでコーディネートしています。ただ担当者を紹介するのではなく、購入する物件に最適なプロとネットワークを作った上で購入までの手続きを進めます。これは長年培ってきた実績や経験、人脈などがなければできません」と砂川氏は語る。

オーストラリアの不動産を購入したいがよく分からない、難しそう、不安だ、と考えている人は一度同社に相談してみてはいかがだろうか。

ワイドエステート株式会社(WIDE ESTATE PTY.LTD)
ゴールドコースト本社
■住所:Level 7, 50 Cavill Ave., Surfers Paradise
■Tel: (07)5570-1933(平日9AM〜5:30PM)/日本国内からは050-5539-1917
■Web: wide-estate.com.au

ブリスベン連絡事務所
■住所:Level 7, 320 Adelaide St., Brisbane
■Tel: (07)3010-9765

メルボルン連絡事務所
■住所:454 Collins St., Melbourne

東京連絡事務所
■住所:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー33階 クイーンズランド・ビジネス・センター(QBC)内
■Tel: 050-5539-1917(日本国内のみ)

「ザ・スター・レジデンス・ゴールドコースト」

ブロードビーチにあるカジノ、ホテルなどを併設する複合リゾート。第1ステージのスター・レジデンス(53階/423戸)、第2ステージのエプシロン(63階/457戸)を販売中。ホテルとして運用もできる。48万7,000ドルから。

「ウエスト・ビレッジ」

ウエスト・エンドにあり、中心地へのアクセス抜群。賃し出して安定した収入を得ることも可能。キャピタル・ゲインも期待できる物件。40万5,000ドルから。

「ノバ・シティー・ケアンズ」

世界的なリゾート地ケアンズで唯一の大型分譲物件。周囲に駅やショッピング・センター。コンドミニアム・ホテルとしても運用できる。45万9,000ドルから。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る