「子ども狙った犯行許せない」と首相

英爆発事件の犠牲者追悼

 英マンチェスターのコンサート会場で現地時間22日に起きたテロとみられる爆発事件で、マルコム・ターンブル首相は23日、連邦議会で犠牲者を追悼する声明を読み上げた。首相は「連合王国(英国)の国民に心からのお悔やみと固い団結を申し上げる」と述べた上で、観客のティーンエージャーや子どもを狙った犯行は特に許せないと強調。「我々は決してテロに屈しない」と、英国をはじめ各国政府とテロ対策で連携を強化する姿勢を示した。

 公共放送ABC(電子版)によると、米女性ポップシンガーのアリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていた「マンチェスター・アリーナ」でコンサート終了直後に爆発があり、23日午後5時時点で22人が死亡、59人が負傷した。現場で死亡した実行犯が、即席爆弾(IED)を起爆したもよう。現時点で犯行声明は出ていないという。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る