コロナウイルス・ロックダウン反対派集会数人逮捕

シドニー、パースなどでも無届集会で逮捕者

 9月5日、メルボルンで数百人がコロナウイルス・ロックダウンに反対する無届け抗議行動を実施し、数人が規制違反で逮捕された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 また、他の州都などでも、メルボルンの抗議行動に「連帯」してコロナウイルス社会規制反対の抗議行動を実施、逮捕者を出した。

 メルボルンでは100人を超える参加者が市内植物園の戦没者追悼記念館からアルバート・パーク・レークまで行進し、警戒の警官隊ともみあいになり、数人がステージ4規制違反で逮捕された。

 シドニー、アデレード、パースでもやや小規模な無届け抗議行動が実施された。

 9月6日にはダニエル・アンドルーズVIC州政権が規制緩和の道程を発表する予定になっており、一部のロックダウン反対派はオンライン・イベントに切り替えるなどしていたが、5日の記念館前には州主席医務官の勧告を無視して300人ほどの参加者が集まった。その後、アルバート・パーク・レークまで行進を始めたため、グループを規制するために警戒していた警官隊に数人が逮捕された。午後2時30分頃には参加者も次第に散り始めた。抗議行動参加者の多くはマスクを着用せず、スローガンを掲げるなどして行進した。

 シドニーでは、ハイド・パークとオリンピック・パークでも無届け抗議行動が実施され、逮捕者が出た。

 ブリスベンでも植物園に100人を超える参加者が「自由の日」と称する全国行動に集まり、スローガンを掲げた。

 アデレードではランドル・モールに200人ほどが集まり、コロナウイルス社会規制、ワクチン、プライバシー侵害などへの抗議行動を開いた。

 パースでも100人を超える参加者が州議事堂前に集まり、「メルボルンの抗議行動に連帯する行動」として、ロックダウン反対を唱えた。

 大量の感染者と感染死者を出したVIC州ではブレット・サットン主席医務官が、「厳しいロックダウンによって感染者と死者が激減しており、規制が効果的だったことを示している。抗議行動参加者は社会全体の健康を損なう身勝手な行動だ」と批判している。
■ソース
Anti-lockdown coronavirus protesters arrested in Melbourne, ‘solidarity’ rallies held across Australia

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る