NSW州、新たにコロナウイルス陽性者9人

病院関係者、訪問者からも新たに判定

 9月8日、NSW州のジェレミー・マカナルティ副主席医務官は、新たに9人が陽性と判定されたことを明らかにした。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 9人のうち2人はコンコード病院の医療従事者で、1人は訪問者だった。これでコンコード、リバプール病院のクラスターは7人になった。保健局が感染源を調査している。

 ブラッド・ハザード保健相は、「この2病院のクラスターで医療職員の100人ほどが14日間の自己隔離に入った。州の病院体制はこの程度の損失には耐えられる。NSW州医療制度は14万人の職員を抱えており、国内でも十指に入る大きな事業だ」と語った。

 グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、接触追跡作業拡充のため、メルボルンや連邦からも職員がシドニーに派遣されることになっていると語っている。

 また、7日に発表された、ローズ・ベイのキンコッパル聖心女学院の7年生2人はシドニー都心部クラスター関連だったが、マカナルティ副主席医務官は、「うち1人は学内の寮生で、同寮の寮生全員と寮職員全員が濃厚接触と判定された。そのため、寮は閉鎖し、生徒は親元で2週間の自己隔離に入った。また、もう一人はCBDクラスターに関連した感染者の家族だ。都心部クラスターはこれで66人にのぼった」と語っている。

 また、残る3人は海外からの帰国者だった。

 エッピングのPlus Fitness、プットニーのCharles St Kitchen、ウエスト・ライドのEastwood Ryde Netball Association、ワルンガのMissing Spoon Cafe、クロイドン・パーク薬局などを訪れた人は症状に注意するよう呼びかけが出ている。
■ソース
NSW records nine new coronavirus infections, more cases at Concord Hospital

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る