シドニーのKFC、バス、ブルー・マウンテンの学校警報

コロナウイルス感染者6人、立ち回り先発表

 9月12日、NSW州政府は新たに6人がコロナウイルス陽性と判定されたと発表している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 新陽性者6人のうち5人は既に突き止められている感染者またはクラスターの関連だった。

 また、市内からボンダイ・ジャンクションに行くバス路線の乗客に警報が出され、ウェントワース・フォールズのBlue Mountains Grammar Schoolでも感染者が出たことから学校を閉鎖してディープ・クリーニングが行われている。

 シドニー西部エマートン地区のKFCは9月7日正午から午後9時30分までに立ち寄った客全員に症状に注意し、症状が出れば検査を受けるよう呼びかけが出ている。

 バスは、9月7日昼前の379番ブロンテ・ビーチからボンダイ・ジャンクション、9月8日昼前の316番ランドウィックからボンダイ・ジャンクションのバスに乗り合わせた乗客に症状に注意するよう、症状が出れば直ちに検査を受けるよう呼び陰が出ている。

 6人のうち、4人はコンコード病院アウトブレークの関連で、リバプール病院とコンコード病院のクラスターは合計18人になっている。

 また、1人は、グレイステインズ地区のSt Paul’s Catholic Collegeクラスターの感染者の家族だった。残る1人はホテル隔離中の海外帰国者だった。

 その他のケースとして、9月4日午前11時30分から午後1時30分までの間、ブルー・マウンテンのKatoomba Aquatic Centreにいた人全員に警報が出されている。症状が出ればどんなに軽くても検査を受け、結果が出るまで自宅隔離するようにと指示されている。
■ソース
Western Sydney KFC restaurant, eastern suburbs bus routes and Blue Mountains school under alert for coronavirus

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る