NSW州、コロナウイルス新感染者2人、死者1人

タクシー運転手、感染中に出歩き、勤務

 NSW州は、70代の男性が死亡、同州のコロナウイルス感染による死者は累計55人になった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 シドニーのロイヤル・ノース・ショア病院で死亡した男性はシドニー都心部クラスターの感染者一人と接触があったことが突き止められている。

 9月20日、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、「新たに2人がコロナウイルス陽性と判定された。一人はホテル隔離中の海外帰国者。もう一人はシドニーのタクシー運転手で、感染力のある時期に8日勤務し、シドニーと南部海岸地域の8箇所を訪れた」と発表した。

 NSW州保健局によると、タクシー運転手は9月8日から10日までと14日から18日まで勤務しており、ムアバンク、バンクスタウン、チッピング・ノートン、リバプール、リドコム、ウォーウィック・ファーム、ミルペラなどを走っており、乗客が感染している可能性があり、保健局は13CABSと協力して、乗客に連絡を取り続けている。

 さらに、保健局は同日同時間帯に同男性の立ち寄り先で1時間以上過ごした人は濃厚接触と判断されるため、直ちに検査を受け、自己隔離するよう呼びかけている。また、立ち寄り先で過ごした時間が1時間未満の場合にはコロナウイルスの症状に注意し、症状が出た場合には検査と自己隔離をするよう呼びかけられている。保健局の調べでは、このタクシー運転手はリバプール病院でウイルスに感染したとみられている。

 保健当局によると、9月19日には、市中感染は、感染力のある時期にコンコード病院に勤務していた職員一人だけと確認されており、現在は職員の感染源を調査している。

 ベレジクリアンNSW州首相は、「仕事を持っていて、有給疾病休暇日数を消化しきってしまった人も、自己隔離で欠勤した場合、最高$1,500までのパンデミック疾病休暇手当を受けられる」と発表した。

 NSW州労組は、「政府の発表はやや遅きに失した感はあるが歓迎する。私達が何か月も前に指摘していたことであり、誰も健康と生活の資とを天秤にかけるようなことになってはならない」と語っている。
■ソース
NSW coronavirus death toll rises to 55, as man in his 70s dies of the disease

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る