NSW州新陽性者7人、市中感染は5人

シドニー都市圏保育所クラスター4人新発生

 10月17日、NSW州政府は、新たに7人がコロナウイルス陽性と判定されたと発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 うち2人はホテル隔離中の帰国者で、5人が市中感染だが、そのうち4人はシドニー都市圏南西部オラン・パーク地区の保育所のクラスター関連で、残りの1人は同じオラン・パークの高校生となっている。また、オラン・パークのウールワースには保健警報が伝えられている。

 5人の市中感染者が出ているが、感染源不明の感染はなく、オラン・パーク地区の保育所、Greater Beginnings Childcare Centreの保育士1人の他、感染者の家族3人が感染している。

 これでオラン・パーク地区のクラスターは18人を数えている。

 オラン・パーク高校の生徒1人が陽性と判定されており、教職員と生徒が自己隔離の指示を受けており、NSW保健当局は同高校関係の接触追跡を進めており、また、高校校内は週末にディープ・クリーニングが行われる。この感染者の高校生はリバプール民間クリニック・クラスター関連の感染者と濃厚接触があった。このリバプールのクラスターは11人にのぼっている。

 また、オラン・パーク地区のウールワースには今日発表された感染者1人が10月2日午後7時から30分間買い物に来ており、その時間帯に同店に来ていた買い物客は日常的接触と見なされ、コロナウイルスの症状に注意し、症状が出た場合には直ちに検査を受けることと指示されている。

 NSW州保健局のスティーブン・コーベット医師は、「全市民が検査を受け、社会的距離規則を守ってパンデミックを終熄させることができる」と語っている。

 コーベット医師はさらに、「症状が出たら、症状がおさまるのを待たず、直ちに検査を受けてもらいたい。検査で陰性と判定されるまで陽性とみなすことが大事だ」と語っている。
■ソース
NSW records five new locally acquired coronavirus cases as Oran Park cluster expands

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る