NSW州では新陽性者5人、VIC州では規制緩和

NSW州政府の州境閉鎖解除については未定

 10月17日午後8時までの24時間にVIC州では新たに2人が陽性と判定され、NSW州では新陽性者5人のうち4人がホテル隔離中の海外帰国者で市中感染はシドニー都市圏南西部オラン・パークの保育所クラスター関連1人という水準になった。

シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 このように新陽性者数がごく少数になっていることから、10月18日には予定通りVIC州が規制緩和を発表し、夜間外出禁止が解除され、5km制限は25km制限に広げられた。また、屋外では最大10人までの集まりが認められる。

 NSW州オラン・パーク保育所クラスターはこれで19人になった。

 州境規制解除について質問を受けたNSW州保健局は、「詳細は19日に発表する予定だが、VIC州との州境規制を緩和することについてはまだ確定的なことは言えない。私達の最優先課題は州民の健康と安全を守ることだ」と答えている。

 NSW州保健局のクリスティーン・セルビー医師は、「現在、73人のコロナウイルス患者が病院で加療中。また、1人はICUに入っているが酸素吸入器は使っていない。コロナウイルス臨時検査所は週末も開いており、できるだけ大勢の市民が検査を受けるよう望んでいる」と語っている。

 一方、アンドルーズVIC州首相は、「今日からメルボルン市民は親戚や知人友人の家を訪問することができるようになる。また、小売店やホスピタリティ・ビジネスは11月2日から部分的に規制解除される」と発表している。
■ソース
Five new COVID-19 cases in NSW as Victoria relaxes restrictions

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る