NSW州コロナウイルス社会規制一部緩和

レストランは30人までのグループ客も可能に

 NSW州では10月18日午後8時までの24時間の新陽性者数がゼロを記録しており、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、「社会規制をさらに緩和することができる」と発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ベレジクリアン州首相は、「州民はクリスマスの予定を建てられるようになる。また、結婚式などでは人数制限を300人に引き上げる。ただし、屋内では1人あたり4平方メートル、屋外では2平方メートルを確保することが条件になる」と語っている。

 さらに、「NSW・QLD州境をQLD州政府が閉鎖していることも、今後1,2週間の間に何らかの変化を期待している」と語った。

 また、「10月23日から、屋外の公共空間での集まりやレストランのグループ予約は上限を30人に引き上げるが、まだ当分は大勢が互いに密着することはまずいので全員着席が条件だ」と語った。

 結婚パーティで大勢が踊ることは従来通り禁止され、20人までのブライダル・パーティでのみダンスフロアも認められる。

 州首相は、「政府は、雇用確保と増大に心を配っており、集まりの規模を拡大することでホスピタリティ業界も予約を取ったり、従業員の交代勤務スケジュールを確保することができるようになる」と語っている。

 QLD州の州境閉鎖については、「QLD州では10月31日の選挙後にNSW州との州境の閉鎖解除の条件についても、これまでのような28日間市中感染ゼロという非現実的な数字ではなく、もっと現実的な数字に変わることを期待している」と語っている。

 しかし、ケリー・チャント主席医務官は、「過去24時間の新陽性者発生はゼロを記録しているが、まだ気を緩める時ではない。シドニー都市圏南西部と西部で検査漏れの感染連鎖があるのではないかと危惧している。少しでも症状が現れたら直ちに検査を受けてもらいたい」と語っている。
■ソース
NSW coronavirus restrictions ease with groups of up to 30 allowed in restaurants

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る