VIC州、陽性者ゼロ、死者ゼロのドーナツ2個の日

スポーツ参加奨励のため児童に$200商品券配布

 11月1日、VIC州政府は、コロナウイルス・ロックダウンの緩和が始まり、じどうのスポーツ参加を奨励するため、スポーツ用具やスポーツ・クラブ入会費の補助として$200の商品券を配布する計画を明らかにした。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ダニエル・アンドルーズ州首相は、陽性者ゼロの数字になぞらえて、「ドーナツ1個の日」と呼んでおり、100日を超えて連日コロナウイルス記者会見をしてきたアンドルーズ州首相は記者会見から離れているが、遂に死者ゼロも加わって、「ドーナツ2個の日」が4日連続している。

 州首相に代わってジェームズ・マーリノ州副首相がブレット・サットン主席医務官と共に記者会見に立ち会っており、サットン主席医務官は、「11月中に14日間陽性者ゼロ達成も可能」と語っている。

 かつて1日の新陽性者が700人を超えた日もあり、完全ロックダウンが行われたメルボルン都市圏は、1日の新陽性者数の14日平均が2.2人と下がり続けており、感染源不明の市中感染も現在は1人にとどまっている。

 マーリノ州副首相は、このまま新陽性者が減り続ければ遠からず屋内競技スポーツの再開も可能だ。これまで、コミュニティ・スポーツが完全に停止していたことから、児童のコミュニティ・スポーツ参加を再び促進し、同時に児童世帯の経済的負担を軽減するため、州財政から4,520万ドルを支出する」と発表した。商品券は州内約10万人の児童に配布される。

 また、コロナウイルス規制で家に閉じこもっていることが多くなった児童の運動不足解消が喫緊の課題であり、学校のスポーツ、体育授業プログラムを改善するため、2021年には体育教育専門家チームを各学校に派遣するとしている。

 サットン主席医務官は、「州のコロナウイルス対策は優れた成果をおさめつつあり、予定されている11月8日にはさらに規制緩和が行われる。メルボルンでこれほど長期のロックダウンが必要だったのは陽性者や死者の膨大さだった。長期にわたってコロナウイルスを制圧できなければ、現在、ヨーロッパで起きているように陽性者や死者の数はたちまち膨大な数に広がっていく。コロナウイルスは津波のように襲いかかってくる」と語った。

 さらに、「現実的な目標として、14日連続で新陽性者ゼロを達成できれば、ロックダウンを完全解除できる。大きな目標だが決して不可能ではない。11月中に可能だ」と語っている。
■ソース
Victoria records no new coronavirus cases or deaths, funding announced to get kids back into sport

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る