盗んだ車で逃走、激突、十代少年2人死亡

盗難被害者、車で追跡、事故の責任で逮捕

 11月1日未明、シドニー都市圏南西部で乗用車を盗んで逃走したティーンネージャ兄弟が激突死した。また、盗難車の所有者は5件の容疑で逮捕されており、起訴される可能性がある。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 車を盗んだとされるのは死亡した15歳と17歳の兄弟の他、兄弟のいとこにあたる17歳の少年で、逃走中、運転を誤り、路肩の柱に激突している。いとこは生命に危険のない負傷のため、リバプール病院に収容され、警察官が警備している。

 デビッド・エリオット警察相は、「事故は現在捜査中」と発表しており、警察が17歳のいとこの回復を待っている。

 3人はエドモンドソン・パークの路上からホールデン・コモドアを盗み逃走したが、盗まれた被害者が警察に通報せず、所有車のホールデン・アーカディアで3人を追跡、20km北上してアボッツベリーまで走った。

 逃走車はカウパスチャー・ロードがホーズリー・パーク・ドライブと交差する地点で運転を誤り、電柱に激突している。

 目撃者は、事故当時路面は濡れており、滑りやすくなっていたと証言している。

 この事故で、盗難車を追跡していたマゼン・カバラ(37)が、危険運転致死罪など5件の容疑で逮捕され、警察では、「カバラは違反速度で運転し、事故直前には逃走車との車間距離を取らず、あおり運転をしていた」とと発表している。

 エリオット警察相は、「3人の少年がなぜ車を盗んだのか、その理由はまだ判明していない。現在、捜査中であり、推測を発表することはできない。死亡事故が起きた以上は警察も捜査をするのが当然だが、見たとおりのことが起きたと考えるべきだろう」と発表している。

 車の所有車は保釈を認められ、11月末にリバプール裁判所に出廷を命じられている。一方、警察では、盗難から事故までの逃走車と追跡車をダッシュカムで撮影した市民がいれば名乗り出て欲しいと呼びかけている。
■ソース
Two boys killed in Sydney crash are brothers, man faces five charges

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る