VIC州政府、53億ドルの予算で12,000戸の住宅

公営高層住宅建設に43,000人の雇用を見込む

 11月15日、VIC州政府のダニエル・アンドルーズ州首相は、今後4年間に総額53億ドルの予算を計上し、公営高層住宅12,000戸を建設する。また、建設工事で毎年1万人程度の雇用を創出すると発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 また、12,000戸のうち、1,000戸は先住民族市民、1,000戸はドメスティック・バイオレンス被害者、さらに2,000戸は精神障害者のために確保される。また、4,000戸はメルボルン都市圏外の郡部に建設される。

 VIC州の社会福祉団体協議会は、「この規模の公営住宅投資はオーストラリアではかつてなかったこと」と評価している。

 この計画は、VIC州がこれまで国内では公営住宅予算がもっとも少ないことから、公営住宅申込から入居までの待機期間がますます長くなっている問題の解消を目的としている。

 アンドルーズ州首相は、「この1年は建設業界にとっても厳しい1年だった。この計画で先行きに安定をもたらせ、また大勢の労働者の雇用を創出し、生活を安定させることができる。今後4年間、毎年1万人の雇用を創出すれば消費や投資も増え、経済活動の回復が期待できる」と語っている。

 さらに、3カテゴリーの市民への入居枠を確保したことについて、「これまでにオーストラリア国内で実施された唯一の精神衛生問題特別調査委員会の報告で、住居確保の不安定が精神衛生上の大きなマイナスになることが明らかにされている」と語っている。

 VIC州政府は、従来の公営住宅の特徴だった高集積型住宅から中低集積型住宅に切り替える考えも明らかにした。これは、今回のコロナウイルス第二波でメルボルン都市圏の公営住宅の高集積型のために感染を広げる結果になったことが大きい。

 住宅総数に対する公営住宅の率はOECD平均では4.6%になっているが、VIC州では1.9%と低く、オーストラリア国内でも最も低い。また、豪生産性委員会の調査でも、2019年度には州民一人あたりの公営住宅への投資額がNSW州では$135に対してVIC州ではわずか$75に留まっていた。そのため、州政府のリチャード・ウィン住宅相は、「州政府はこれまで公営住宅問題で仕事をやり残していた。これからはその問題を解消したい」と語っている。
■ソース
Victorian Government aims to create 43,000 jobs with $5.3 billion public housing spend

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る