オーストラリア企業、コロナウイルス検査キット生産に

アメリカ合衆国政府と3億豪ドルの納入契約

 2月2日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)は、ジョー・バイデン米合衆国政府がオーストラリアのEllume社とコロナウイルス検査キットの生産納入契約を結んだことを伝えている。

 ワシントン電として伝えられた報道によると、この検査キットは家庭で迅速に判定結果が得られるキットで契約額は3億豪ドル(2億3,000万米ドル)。

 契約はEllume社と米国防省および厚生省との契約でコロナウイルス検査キット850万セットをアメリカ全土に配布する計画になっている。

 Ellume社は、2020年12月に、処方箋の要らないコロナウイルス迅速自己検査キット販売でアメリカの管理当局の初認可を受けている。

 2月2日(豪東部時間帯)、米政府ホワイトハウスのコロナウイルス対策班のアンディ・スラビット上級顧問は、「QLD州ブリスベンのEllume社は、2021年末までに月産1,900万セットを生産する予定になっている。大量検査と検査コスト引き下げは鶏と卵の関係にあるが、この契約によって双方を達成できる重要なステップだ」と語っている。

 Ellume社創立者のショーン・パースンズCEOは、「当社が画期的な製品を創り出したことは素晴らしいことだ。このアイデアを実現するために相当な時間をかけて中心的な技術を開発してきた」と語っている。

 Ellume社の検査キットは単価が30米ドル(39豪ドル)程度で、使い方としては、スワッブを鼻の奥に差し込んで粘液を採取し、サンプルをキットに含まれているデジタル・アナライザーに差し込むと20分ほどで判定が出る。コロナウイルス判定結果はBluetooth経由で被検者のスマートフォンに送信される。

 パースンズCEOは、「このキットは薬局やオンラインで購入できるもので、妊娠検査キットと大差ない。この検査キットは、検査の質を落とさずに誰でも簡単に検査できるように考えたものだ。アメリカで処方箋無しで市販できる検査キットとしてFDAの認可を受けているのは当社の製品だけであり、子供でも大人でも使え、また無症状でも症状者でも検査できる。ただし、このキットはマスクやワクチンに代わるものではなく、アメリカでコロナウイルスに対処するための道具の一つに過ぎない」と語っている。
■ソース
Australian firm signs $300m deal with US government for COVID tests

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る