日曜日、シドニー市南部でサッカー乱闘騒ぎ

煉瓦や発炎筒投げ、3人負傷、1人起訴

 4月25日、シドニー南部で行われたサッカー試合の後、双方チームのファン同士が乱闘する騒ぎになった。

 この乱闘で煉瓦や発煙筒、クレーとなどが投げられ、3人が負傷した。また、警察が1人を逮捕起訴した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日、ロックデール地区のアイリンデン・スポーツ・センターで行われたナショナル・プレミア・リーグのロックデール・シティ・サンズとシドニー・ユナイテッドの試合の終わり近く、双方のファンの間で緊張が高まり、発炎筒が投げられた。また、クレートも投げられ、テーブルを盾にして応戦するなどの衝突に発展した。

 武器を持ったファン同士の争いになっているとの報告が入り、午後5時に警察の出動を要請する連絡が入っている。

 その後、1グループは駐車場に移動し、もう1グループが階段に陣取る姿が防犯ビデオに映っている。また、グループを制止しようとするファンや、ワイヤ・フェンスの陰に身を隠すファンも映っている。

 通報で機動隊が出動し、群衆を立ち去らせた上で3人が軽傷でセント・ジョージ病院に運ばれた。

 また、23歳の男が凶器不法所持で逮捕、起訴され、保釈が認められた。男は5月にサザーランド地裁出廷を命じられ、また、プレミア・リーグの試合を観戦することが禁じられた。

 警察は、乱闘の首謀者と見られる2人を捜しており、また、事件の捜査にストライク・フォース・アジャーを設立した。

 また、ロックデール・シティ・サンズ・フットボール・クラブが声明を発表し、「クラブは乱闘事件発生を把握している。クラブは反社会的行為や犯罪行為を一切容認しない。警察の捜査活動が始まっており、これ以上のコメントはできない」と述べている。
■ソース
Three injured in soccer brawl at Rockdale

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る