NSW州政府「2022年より新トンネル自動車道建設」

ウェストコネックス自動車道分岐点から南のコガラまで

 5月24日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)は、NSW州運輸相の発表として、シドニー空港の西、アーンクリフのウェストコネックス自動車道トンネルとM5、M8の分岐点から、ボタニー湾沿いに南下し、コガラのプレジデント・アベニューまでに新規トンネル自動車道建設を開始する計画を伝えている。

 グラディス・ベレジクリアンNSW州政府はこのトンネル自動車道建設に25億ドルの予算を用意しているが、コガラから南のサザーランド・シャイアまでの将来的な延伸計画は未定のままになっている。

 同日、アンドルー・コンスタンス運輸相が発表したもので、価格25億2,000万ドルの第一期工事区間の4kmトンネル建設契約を取り交わした。

 報道陣から、「政府はM6自動車道建設第二期工事としてタレン・ポイントまで、さらに南のロフタスまでの延伸工事計画を考えているのか?」と質問が出たが、コンスタンス大臣は、「政府はまだ下調べの途中であり、トンネル延伸をするとすればどのルートを選ぶのかなどを検討しなければならない」と答えている。

 さらに、「現在の建設計画に話を戻すと、これほどの規模の建設工事の場合、地域の交通などにかなりの規模の支障が出ることは明らかだ。政府はその対策も考えなければならない」と語っている。

 また、各方向2トンネルの建設工事は2022年初めから開始され、2025年までには竣工する。当初、ベレジクリアン政府は、2024年までには竣工できると予想していた。また、ロフタスから南、ロイヤル国立公園を抜ける自動車道延伸工事計画は2017年に放棄されている。

 コンスタンス運輸相は、「第二期工事については事業可能性その他の基礎調査を進めている。M6延伸計画に投資するためにはそれだけの作業が必要だ」と語っている。
■ソース
Construction to begin next year on new Sydney motorway tunnel

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る