警察提供の暗号appを世界中の犯罪者が利用

情報すべて警察に把握され、世界中で一斉手入れ

 2018年、世界各国の覆面警察官が、「An0mは、警察も破れない強固な暗号化プラットフォーム」と犯罪組織を安心させ、このスマートフォンappを信用した犯罪組織が暗号をかけずに利用、アメリカの連邦捜査局(FBI)を含む世界の警察が犯罪者同士の通話をすべて把握していた。その結果、6月7日8日には世界中で警察が犯罪組織を一斉襲撃し、銃砲、現金など犯罪関係の証拠を押収した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 このAn0mを使った「アイアンサイド作戦」で情報を集めたオーストラリア連邦警察も6月7日8日に各所で一斉襲撃を実施し、全国で220人を526件で起訴、他にも3.7トンのドラッグ、銃砲104丁、現金4,500万ドルなどを押収した。

 この一斉手入れは33か国でほぼ同時に行われ、800人以上が逮捕されている。

 スコット・モリソン連邦首相は、「この作戦は犯罪組織にとっては大打撃になったはずだ。また、オーストラリアはドラッグ密輸などの犯罪行為を続ける犯罪者に対する最前線に立ち、社会と国民の安全を守る闘いを続けるつもりだ」と語った。

 2018年以来、FBIが極秘裏にこのAn0mをコントロールしており、オーストラリアの警察もこのAn0mを利用した捜査を始めており、犯罪組織を監視してきた。また、An0mを信用しきっていた世界の犯罪組織間の通信はすべて警察に解読され、警察は情報を蓄積してきた。

 An0mは、改造を施したグーグル・ピクセル・フォンに搭載され、身分を偽った覆面警察官が犯罪組織の幹部に売り込み、信用した幹部がさらに広めるという形でユーザー・ベースが広がっていった。警察発表では、最終的に世界で12,500台のユーザー層ができるまでになり、オーストラリア国内だけでも1,100人がこのappを組み込んだ電話機を備えるに至った。また、犯罪組織は次第に大胆になり、このappを犯罪の連絡用にのみ用い、しかも、暗号すらかけないで連絡を取り合うまでになっている。

 一斉手入れ直前の6月8日にはFBIがAn0mを完全にシャットダウンしており、世界中で通信網を失った犯罪組織を警察が急襲している。
■ソース
Organised crime dealt ‘heavy blow’, says PM, after global police sting cracks open ‘encrypted’ app

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る