ジョイス国民党党首、マスク不着用で罰金

「公衆衛生法」違反目撃の市民の通報で

 一旦は女性問題で連邦国民党党首と副首相の座を捨て、与党平議員の席にいたが、マイケル・マコーマック前党首が大与党自由党の政策に振り回され、国民党の政策を貫徹できないとの不満を後ろ盾に、マコーマック氏を降ろして再度連邦国民党党首に返り咲いたバーナビー・ジョイス氏が党首就任早々にコロナウイルス社会規制下に着用義務違反で警察官に違反罰金通告書を受けていたことが明らかにされた。

 6月29日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 6月28日、NSW州内陸北部アーミデールの町で、マスクを着用していないジョイス連邦国民党党首を目撃した市民が警察に通報、ニュー・イングランド警察管区の警察官が通報のあった警察署に急行し、ジョイス党首のマスク不着用を確認、「公衆衛生法」による、コロナウイルス衛生命令違反で、$200の罰金通告書を交付した。

 NSW州警察のギャリー・ウォーボイズ長官は、「市民からコロナ規制違反の通報があれば、警察はそれに応えて規則遵守を徹底すべく取り締まる。今回の罰金通告がそのいい例だ。警察は厳正かつ公正な態度で対応しており、違反のあった人物も謝っており、警察に対して協力的だった」と語っている。

 さらに、「警察官は州全域で24時間休みなく交代制でコロナウイルス社会規制遵守を徹底するために努力している」と語った。

 また、6月28日午後7時15分頃、NSW州中部海岸地域北部フォースターのウォーフ・ストリートでは、レストランに入った男女客がQRコード・チェックインを求められたがこれを拒否した。レストラン経営者(39)が2人に退出を求めたところ、男女客はこの経営者に暴力をふるった。通報で出動した警察官が2人を逮捕した。
■ソース
Barnaby Joyce fined $200 for not wearing mask in breach of COVID-19 health orders

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る