大シドニー地域に新たにマスク着用義務規制

ロックダウン3週目の感染者増加に規制強化で対応

 ロックダウンが3週間目に入った大シドニー地域では、感染力の強いデルタ変種のコロナウイルスの広がりを防ぐため、7月13日から新たにマスク着用義務規制が実施される。

 7月12日付シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 州の公衆衛生命令は、7月9月の国内感染者が50人台に跳ね上がったことから10日には変更されたが、それ以後も新感染者は増え続け11日には77人、12日には112人と100人台を突破している。

 シドニー都市圏東郊地区の29室あるアパートメント・ブロックで5世帯から8人のコロナウイルス陽性者が出ており、7月13日より、ブルーマウンテン、中部海岸、ウロンゴン、シェルハーバー地域を含む大シドニー地域では、アパートメント・ブロックの建物に入る者は住民も、必要不可欠な目的で立ち入る外部者もすべて玄関ロビー、階段、エレベータ、洗濯設備室など建物の共有空間にいる間はマスクを着用しなければならない、との規制が出された。

 ケリー・チャント主席医務官は、「感染源は突き止められた。感染者はすべて特殊医療宿泊施設に移して介護している。また、他の住人も濃厚接触があった者はそれぞれの自室に14日間自己隔離しなければならない。このような状況は、コロナウイルスのリスクを思い知らせるものだ。高層住宅の屋内共有空間ではマスク着用が求められることもこれで理解できると思う。ウィーリー・ビンを出す時でもマスクを着用し、互いに1.5m以上の距離を保ってもらいたい」と語っている。

 その他のマスク着用義務が適用される場所としては、7月11日に、作業者が社会距離を取れない建築現場でのマスク着用が義務づけられた他、新たに、事務所、小売り商業施設、ホスピタリティ施設など非居住建物の屋内全域、居住建物の共有空間、屋外集会、公共交通機関、空港内と国内フライト機内、高齢者介護施設面会者と職員全員などとなっている。
■ソース
New mask restrictions for Sydney: What you need to know

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る