QLD州で新たに16人が市中感染陽性と判定

ブリスベン市内の学校生徒職員感染者47人に

 QLD州南東部のロックダウンは3日目に入ったが、8月2日午後8時までの24時間に新たに16人がコロナウイルス陽性と判定された。

 8月3日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 ジャネット・ヤング主席医務官は、「47人全員がインドゥルピリー小学校クラスターと関連しているが、その感染経路が突き止められていないことが気がかりだ」と語っている。

 8月3日に発表された16人の新陽性者のうち9人は学校生徒で、保健当局は、症状があってもなくても学校生徒は祖父母から離れているよう呼びかけている。1人はインドゥルピリー小学校関連、4人はブリスベン・グラマー・スクール生徒、2人はブリスベン・ガールズ・グラマー・スクール、3人はアイアンサイド州立小学校、さらに5人は既知の感染者の家庭感染、1人は既知の感染者の隣人となっている。

 スティーブン・マイルズQLD州首相代理は、「8月2日午後8時までの24時間に34,718人が検査を受けた。素晴らしいことだが、QLD州の記録にわずかに届かず、また主席医務官が呼びかけていた1日4万人の検査という目標にもわずかに届かなかった。州政府は検査所の業務時間を延長し、また、検査所も増やしている「と語った。

 ヤング主席医務官の懸念は、今回のアウトブレークの感染者47人全員の関連がつかめているにもかかわらず、2人の感染海外帰国者のウイルスがどういう経路で今回のアウトブレークになったのかが明らかになっていないことにあると語っている。

 また、「現在7,995人ほどの住民が隔離されており、さらに少なくとも4,089人が自宅隔離に入っている。その中には400人を超える医療従事者も含まれている」と語っている。

 ヤング主席医務官は、「8月8日にロックダウンを解除するためには新陽性者が感染力のある時期に自宅隔離している必要がある。ちゃんと感染力のある時期に自宅に閉じこもってもらえれば怖くはない。現在ICUに収容されているのは1人だけだが、この1人は以前のクラスターに関連しており、今回のクラスターとは基本的に無関係。
■ソース
Queensland records 16 community cases of COVID-19 on day three of lockdown

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る