NSW州で新たに1,485人がコロナウイルス陽性

公衆衛生モデリング「今後2週間以内に峠越す」

 9月5日付ABC放送(電子版)は、NSW州政府の発表として、9月4日午後8時までの24時間に新たに1,485人がコロナウイルス陽性と判定され、3人が死亡したと伝えている。

 死亡した3人のうち2人はワクチン未接種だった。

 今週中に発表予定の公衆衛生モデリングは、今後2週間以内にピークを迎え、その後、下り坂になると予測している。

 NSW州西部ではダボ市の23人など合計32人が新たにコロナウイルス陽性と判定された。

 グラディス・ベレジクリアン州首相は、「今後2週間以内にピークを迎えると予測しているが、完全接種率が70%に到達すれば州内の状況もかなり改善されていくと考えている」と語っている。

 現在、コロナウイルス患者1,030人が入院しており、そのうち175人がICUに収容され、そのうち72人が酸素吸入装置を着けている。

 州首相はさらに、「毎日の新感染者発生が峠を越せば入院患者数もICU収容患者数も10月頃には峠を越えるだろう。しかし、規制解除のタイミングを間違えると再び感染者が急増し、すべてやり直しと言うことになりかねない」と語っている。

 シドニー都市圏西部の50代の女性がブラックタウン病院で亡くなった。この女性はワクチン接種を1回受けただけだった。また、シドニー都市圏南西部の70代の女性はキャンベルタウン病院で亡くなっており、同じシドニー都市圏南西部の70代の男性がリバプール病院で亡くなっている。この2人はいずれも未接種だった。

 また、「接種率が80%になれば重症化が抑えられ、二度と州全体をロックダウンする必要はなくなるだろう」と語っている。

 一方、シドニー小児病院ネットワーク(SCHN)広報担当者は、乳幼児1人、9歳と12歳の子供各1人の3人がコロナウイルス感染症でICUに収容されている。いずれも基礎疾患があると発表している。現在のデルタ株コロナウイルス・アウトブレークではこれまでに7人の児童がICUに収容されている。また、保健局のジェレミー・マクナルティ局長は、「現在、コロナウイルス感染で看護を受けている児童は2,000人を超える。子供はおおむね症状が軽いが、どの年齢層でも患者が発生している」と語っている。
■ソース
NSW records 1,485 new locally acquired COVID-19 cases, three deaths

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る