NSW州、新たに1,351人陽性、12人死亡

リズモア・オルバリー2自治体がロックダウンに逆戻り

 9月16日付ABC放送(電子版)は、NSW州政府の発表として、9月15日午後8時までの24時間に新たに1,351人が陽性者と判定、また12人がコロナウイルス感染症で死亡したと伝えている。

 NSW州郡部地域の大部分がロックダウンから抜け出していたが、一部の地域は16日午後6時を期してロックダウンに逆戻りする。

 死者12人と高い数字を示しており、陽性者も前日より増えているが、死者のうち10人はワクチン未接種であり、マリアン・ゲール副主席医務官は、「今回のアウトブレークも峠を越えたと考えたいがまだ警戒を緩められない」と語っている。

 ジョン・バリラロ州副首相は、「本日午後1時より、州内郡部の広い地域とシドニー都市圏南西部、西部の12自治体域で規制が緩和されることになっている。郡部はほとんどの地域で外出制限が解かれ、自宅に人を招くこと、ホスピタリティ、小売りなどの商業施設や大規模イベント再開、マスク着用義務が緩和され、学校も対面授業を再開する」と語った。

 郡部で規制が続くのは州西部ウィルカニアの他、州南部、VIC州との州境の町、オルバリー、北部海岸内陸のリズモアが16日午後6時よりさらに1週間のロックダウンに逆戻りした。この2自治体は9月11日にロックアウトから抜け出したばかり。

 ブラッド・ハザード保健相は、「いずれも1人ないし2人の陽性者が出ており、州保健局はこういう場合通常2週間のロックダウンを決めるところだが、諸条件を考えて1週間が適切と判断した。しかし、成り行き次第ではさらに延長する可能性もある」と語っている.

 NSW州では現在1,231人がコロナウイルス感染症で入院しており、うち231人がICUに収容され、108人が酸素吸入装置を着けている。また、9月15日午後8時までの24時間に129,266人が検査を受けた。
■ソース
NSW records 1,351 COVID-19 cases and 12 deaths; Lismore and Albury LGAs go back into lockdown

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る