NSW州北部海岸地域再びロックダウンに

シドニーのTV番組クルーが陽性で撮影旅行

 9月21日付ABC放送(電子版)は、リアリティTV番組「I’m a Celebrity … Get Me Out of Here!」の撮影班がNSW州北部海岸地域で撮影を行ったが、クルーの女性1人が後に陽性と判明、撮影班が訪れたバリナ、バイロン・ベイなどの地域が再びロックダウンに入ったことを伝えている。番組はノーザン・リバーズ地域で撮影された。


 バイロン・ベイを含むNSW州北部海岸地域は反ワクチンの気風が強く、接種率も低いことが気づかわれている。

 撮影班はNSW州保健省の許可を受けており、陽性女性もシドニーからバイロン・ベイなどの地域に移動する許可を得ていたが、目的地の規制ではなく、居住地シドニーの「外出制限令」に従わなければならないことを知らず、動き回っていたとされている。

 9月21日、州政府は、女性が陽性と判定されたことから、バイロン、ツイードの地方自治体域に1週間の抜き打ちロックダウンを発令した。

 番組制作者のITV Studios Australiaは、広報担当者を通じて、「当社のコロナウイルス・セーフ・プランに基づいて厳格な検査を行った結果、女性の陽性が判明した。女性は完全接種済みで個人防護具を着けていた」との声明を発表している。

 また、「女性の濃厚接触者にはすべて通知を送り、検査結果が出るまで自宅待機に入っている。適切な手続きを取るため、州保健局と緊密に連絡を取り、必要な手続きを取るよう努力している」と発表している。

 NSW州警察は、「接触追跡作業を進めており、保健当局も公衆衛生命令違反があったかどうかを調査する」と発表している。

 陽性女性は9月18日午前8時45分バリナ到着のバージン・フライト1141で現地入りしており、月曜日までバイロン、バリナ、ツイード地域を移動している時期には感染可能状態だった。

 NSW州北部保健管区(LHD)のリン・ウィアCEO代理は、「これまでのところ、マリン・パレードのキングスクリフ・ビーチ・ホテルだけが感染が憂慮される施設に挙げられているが今後増えることが予想される」と発表している。

 ブラッド・ハザード州保健相は、「女性はシドニーを発つ前に迅速抗原検査で陰性の判定が出ていたが、後にPCR検査で陽性と判定された」と発表している。また、女性はすでにバリナ地域を離れている。
■ソース
I’m a Celebrity … Get Me Out of Here! crew member sparked North Coast lockdown

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る