シドニー都市圏に雹を伴う激しい雷雨荒れる

スーパー・セルで大陸東部一帯当分荒れ模様

 10月14日午後、シドニー都市圏一帯が雹を伴う激しい雷雨に見舞われた。

 同日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 この日、オーストラリア東部に激しい雷雨を巻き起こすスーパーセルが発達し、午後遅くにはシドニー都市圏の一部に大型の雹を降らせ、他の地区でも激しい雷と大雨に見舞われた。この気象条件でシドニー都市圏最西部ペンリスでは午後3時から5時までの間に24mmの降水量があった。

 さらに気象庁(BoM)は、午後3時には一時「竜巻のおそれ」も発表したが、後に解除されている。ただし、東部諸州で気象警報が出たままになっているところもあり、今後も警戒を要する。

 QLD州南東部とNSW州北部は15日も激しい雷雨が続くことが予想されている。

 この気象条件は、13日夜半から14日早朝にかけて、このスーパーセルの帯がQLD州南東部に大雨を降らせており、ブリスベン市で51mm、ゴールド・コーストのアッパー・スプリングブルックで85mmなどを記録している。

 NSW州では北東部と南東部で55mmを記録したっところもあるが、SA州、VIC州では25mm、メルボルン市で15mmなどを記録していた。この気象条件が14日午後には大きく発達した。

 BoMのジャクソン・ブラウン主任気象学者は、「最初のスーパーセルに次いでNSW州内陸平野部で第二の帯が発達していたことから、本日中にかなり激しい雷雨があるものと予想していた」と語っている。

 ブラウン氏は、「この嵐は、樹木を倒し、電線を破断し、建物や作物に損害を与え、自動車の運転にも危険な状況をもたらすものだ」と語り、雷雨が来る直前には「私がギャンブラーならシドニーに注目する」と語っていた。

 湿った空気の帯がSA州からTAS州にかけて伸びており、TAS州は通常は西側が大雨、東側は乾燥という気象条件になるが、この日はTAS州北東部、セント・メアリーズに近いグレイ地区で午前9時以来で80mmの降水量があった。

 TAS、VIC、NSW各州では各所に洪水警報が発令されていたが、ブラウン氏は「週末の気象はさらに不安定になるものと見られる。

 BoMでは、大陸東部を寒冷湿潤なラ・ニーニャ条件が覆っていると発表したばかり。
■ソース
Severe storms have hit Sydney, and much of eastern Australia remains in the firing line

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る