11月23日、気象庁がラ・ニーニャ宣言

オーストラリア東部はこの1週間雨続きの予報

 11月23日付ABC放送(電子版)は、気象庁(BoM)が、ラ・ニーニャ宣言をしたことを伝えている。

 そのため、過去何週間かの荒れ模様がこの夏全体の気候と予想されている。

 ラ・ニーニャはエル・ニーニョとは逆で赤道付近の東太平洋で海面水温が平年より低くなり、西太平洋で海面水温が平年より高く。それに伴い、オーストラリアの東部と北部で雨の多い夏が続くことになる。

 また、今週いっぱい雨模様の日が続き、時には嵐や洪水も予想されている。また、例年平均を上回るサイクロンが発生し、北部の雨季も例年より早く訪れることになる。

 BoMのoperational climate servicesのアンドルー・ワトキンズ氏は、「このラ・ニーニャは少なくとも2022年1月まで、おそらく一夏中続くことが予想される」と語っている。

 このラ・ニーニャは、比較的勢力が弱く、しかも短命と予想されているが、昨夏のラ・ニーニャで大陸東部や北部の水源地はどこも満水状態になっており、その上に冬も春も雨が多かったことからラ・ニーニャの影響は大きくなる可能性がある。

 23日は低気圧がSA州上空で発達する様子があり、同州の一部とNSW州内陸部に雷雨やにわか雨をもたらす見込みで、翌24日には雨、嵐の勢力範囲はQLD州内陸部、NSW州西部、SA州東部あたりに広がる。

 さらに25日がもっとも懸念される日で大雨の勢力範囲はVIC州北部、NSW州の山脈の西、さらにQLD州内陸南部にまで広がる。

 26日には雨もさらに東に移動し、QLD州東部、NSW州東部と中部、加えてVIC州北部と東部の一部に50mmから100mm程度の雨量をもたらすものと予想される。

 さらに27日には雨も嵐も勢力範囲が狭まり、NSW州北部とQLD州にまたがる程度になる。

 また、サイクロンの季節が近づいてきており、今夏の熱帯性サイクロン第一号は、インド洋のクリスマス島南東部でカテゴリー1に成長したことから、23日夜に「サイクロン・パディ」と名付けられた。このサイクロンは例年より早く発生しており、ラ・ニーニャではそういうことも起こりえる。
■ソース
BOM declares La Nina as eastern Australia prepares for another sodden end to the week

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る