有料道路を週$15以上利用する車両優遇措置

NSW州政府、車両登録料の半額割引を検討

 NSW州は2019年3月頃に州議会選挙が行われる予定だが、すでに保守連合、労働党の間で選挙公約合戦が始まっている。

 労働党は、一旦廃止されたM4(グレート・ウエスタン・ハイウェイ)の通行料金が、M4のウェスタン・ディストリビュータやM5との直結に伴い再度復活したことに対して、「労働党がNSW州政権を執れば、M4通行料金徴収分の払い戻しをする」と発表していた。

 これに対して保守連合のグラディス・ベレジクリアン州政権は、「有料道路を週$15以上利用する車両については車両登録料の半額減免措置を行う」と発表した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 保守連合が再度政権を握った場合、この恩恵を受けられるのは16万人前後と推定されており、州財政にとっては1億ドル程度の負担になる。

 ベレジクリアンNSW州政権はすでに有料道路プログラムを展開しており、週$25以上有料道路を使う車両に対しては車両登録料を無料にしている。

 12月11日にこの措置を発表したベレジクリアンNSW州首相は、「この措置の実施は2019年7月1日からだが、計算の基礎になる有料道路通行料は2018年7月1日分から計算されることになった。

 この半額措置を受けられるためには、e-tagなど個人の有料道路通行料口座で年間$780、平均週$15の有料道路利用が必要。また、車両登録料無料を受けられるのは年間の有料道路使用料が$1,300を超えている場合で週の有料道路平均使用料が$25となっている場合だ。
■ソース
Half-priced car registration for NSW drivers who spend $15 per week on tolls

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る