シドニー鉄道ホーンズビー方面路線名変更

西部線、北部海岸線との混同避けるため

 2013年にシドニー鉄道の各路線名がT+番号制になって分かりづらくなっているが、シドニー鉄道局は一部を分かりやすくするため、少し改定した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 ブルーマウンテンからセントラル、ブラックタウンからリッチモンド、セントラルからノース・ストラスフィールド回り、セントラルからエッピング回りのホーンズビー以北のいずれもT1と呼ばれていたが、ホーンズビーからノース・ストラスフィールド経由でセントラル、さらにエッピング経由でゴードンまでの運行列車はT9ノーザン線と改名され、路線地図では赤色表示される。

 この改定は4月28日から実施される。

 新しい路線図にはラウズ・ヒルのタラウォング駅からエッピング経由チャツウッド駅までのメトロ北西線も記載されており、線色は、電車の塗装と同じ淡緑青色になっている。このメトロ北西線は80億ドルをかけて建設され、5月からの営業開始が予定されている。
■ソース
A new red line through Sydney’s rail map

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る