スター・シティ・カジノのピアモント・タワー計画却下

NSW州独立都市計画委員会の決定下る

 スター・シティ・カジノが5億3,000万ドルの予算でピアモントに建設を計画し、認可申請を出していたタワー・ビルディングは、NSW州独立都市計画委員会が、「シドニーのスカイラインにあまりにも目障りすぎる」として、認可申請が却下された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 委員会は、「このタワー・ビルは、シドニーの都市スカイラインに対して無視できないほどの視覚的インパクトがある。また、その規模の大きさで、近隣の私有地に大きな影を落とすことになる」などを不認可の理由として挙げている。また、申請者から出されていた「タワー・ビルが経済を活性化することになり、その建設は公共の利益になる」という意見を退けている。

 6つ星ホテルとアパートメント複合施設のこの建物は現在のスター・シティ・カジノの3倍を超える高さになる予定で、現在の建物を一部解体し、新しくリッツ=カールトン・ホテルと200戸のアパートメントを収容する計画だった。

 また、スター・エンターテインメント・グループは、この計画を「グローバル・ウォーターフロント地区」として売り込むことも試みたが、委員会は、計画の建物の高さ、容積、規模などがいずれも過剰で、シドニー港水際地区の景観を損ねることが予想され、建設に正当な理由がない」としている。

 また、「建物の設計も正当とは言い難く、視覚的にも大きなインパクトがあり、タワーも余りにも目障りが過ぎる」と判断理由を挙げている。

 2019年7月、州政府の計画産業環境省が、この高さ237mのタワー・ビルの建築許可申請を却下すべきとする意見を添えて独立都市計画委員会に送っていた。
■ソース
The Star’s casino $530m Pyrmont tower rejected by NSW Independent Planning Commission

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る