オーストラリア国民、海外旅行のキャンセル相次ぐ

世界各地からフライト運休と地域封鎖の報道に

 国際線のフライト取り消しが相次いでおり、その上に世界各国で患者発生地域を封鎖する措置が広がっているため、海外旅行中にフライトが運休したり、地域が封鎖されることを懸念するオーストラリア国民が海外旅行をキャンセルするケースが増えている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 モーニングトン半島ライ地区で不動産業を営むプルー・ジョーンズ氏(59)の場合、イタリア北部を1か月サイクリング旅行する計画をキャンセルしている。イタリア北部ではコロナウイルスの大発生と町をそのまま封鎖する措置が報道されている。

 ジョーンズ氏は、「中止した理由は海外旅行でどこかに足止めされることと、ウイルスに感染することの二つ」と語っている。

 ジョーンズ氏は、「サイクリングで旅するつもりだったけれど、コロナウイルスのおかげで休暇がまる損になった」と語っている。

 また、「イタリアのニュースを見た時に、イタリアに1か月滞在して、帰ることができるのかと自問自答したが、これはたかだか休暇じゃないか。いつでも延期できる。1か月もイタリアの病院で寝たっきりなんて耐えられない。秒域の時は家でじっと寝ていたいものだ。結局、散々悩んだけれど、6月に延期することにした」と語っている。

 ホテル系列のマリオット・インターナショナルでは、2019年第4四半期には月2,500万ドルの損失を出していると発表している。アジア太平洋地域では客室利用率が低くなっているが、他の地域では目立ったインパクトはない」と語っている。

 データ分析企業のグローバルデータ社は、「旅行制限、メディア報道、旅行者信頼感の低下に対して、この不況は長引くと警告している。
■ソース
Australians cut travel plans over fears of being stranded by coronavirus

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る