NSW州コロナウイルス感染ゼロに近づく

パンデミック発生以来最低の新陽性者

 NSW州は毎日1万件前後の検査を行っているが、すでに新陽性者は一桁前半に留まっており、高齢者施設、クルーズ船のクラスターも終熄に向かっている。また、今週の新陽性者はパンデミック発生以来最低の数字になった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ただし、州政府の社会規制緩和は先送りされる予定になっている。

 グラディス・ベレジクリアン州首相は、「コロナウイルス感染者発生が低い数字になってきていることはうれしいことだが、今週中に社会規制を緩和するつもりはない」と発表している。

 今週の新陽性者はスワブ検査総数のうち0.057%で、1万520人の検査で6人という低率になっている。

 QLD、SA、TAS各州は来週からレストラン、喫茶店での食事が制限付きで禁止解除になるが、ベレジクリアン州首相は、全国閣僚会議で支持された規制解除道程枠組みを歓迎し、「国民が今後の緩和の道筋を予想できるようになった。しかし、NSW州はまだ規制解除を始める考えはない」としている。

 5月4日から7日午後8時までの間に33,188件の検査を行い、NSW州保健局が陽性を確認したのはわずか19人だった。

 隣のVIC州ではメルボルンの屠畜場食肉会社でクラスターが発生しており、今週だけで58人の新陽性者が出ている。


 パンデミックのピーク時にはNSW州では1日で212人の新陽性者が発生していた。

 ベレジクリアン州首相は、「NSW州ではウイルス感染の広がりを追跡するため、週に6万件の検査を実施したいとしており、5月7日には新陽性者は4件のみで、州の陽性者総数は3,047人となっている。
■ソース
Coronavirus infections in NSW flatline, state on track for lowest week since pandemic began

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る