メルボルンで難民支援抗議グループ検挙

ホテル前で1人逮捕、26人に$43,000罰金通告

 4月10日、VIC州警察は、メルボルン北部のホテル前で抗議行動をしていた難民支援抗議車両グループを検挙し、1人を逮捕、26人に総額$43,000の罰金を言い渡した。ホテルは難民、難民希望者が収容されており、抗議グループは、難民、難民希望者をホテルに閉じ込めておくことは非人間的な心理負担を引き起こすとしている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 メディバック法に基づいて、少なくとも40人の男性難民、難民希望者がオーストラリア本土に運ばれ、プレストン地区のマントラ・ホテルに収容されている。

 3月、現在ホテルなどに収容されている難民および難民希望者をコロナウイルス蔓延の間だけでも一般社会に解放することを求める連邦政府宛の公開状に1,000人を超える医師その他の医療専門家が署名した。

 シドニーの小児科医で難民支援運動家のデビッド・アイザックスが筆を起こした公開状は、収容所として用いられているホテルは、被収容者の心身の健康にとって重大なリスクの環境となるものとしている。

 4月10日、難民支援活動グループは自動車と自転車でマントラ・ホテル前に集まり、被収容者の即時解放を求めた。

 VIC州警察は、「抗議行動を計画した1人を逮捕、拘置している。また、26人を計画に加担したかどで罰金を言い渡した」と発表しており、社会的距離規則に違反した各個人の罰金は一人$1,652になり、総額で$42,952とされている。

 警察は週の初め、11日の抗議行動を実行するなら、警察官が待機し、警察権を行使するとグループに警告していた。
■ソース
Coronavirus deaths rise to 13 in Victoria, Melbourne refugee protesters fined by police

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る