シドニー・ハーバー・ブリッジ、竣工85周年

着工:1923年7月28日ー竣工開通:1932年3月19日

 2017年3月19日の今日は、シドニー・ハーバー・ブリッジが竣工開通して以来ちょうど85年めの開通記念日にあたる。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 これまでにこの橋に与えられたあだ名にはコート・ハンガー、鉄の交響楽、空を閉じるアーチ、ザトウクジラなどがある。故英皇太后は、「現代の世界の驚異の一つ」と呼んだと伝えられている。しかし、85年前の世界大恐慌時代に豪経済を活性化し、失業者に仕事を与えるために計画された9年に及ぶ大工事は「鉄の肺」とも呼ばれた。当時、この橋梁工事のために1,400人の労働者が雇われ、中には週給4ポンドで働いたとされている。

 シドニーの現場だけでなく、南部海岸の町モルヤでは、橋の北と南の塔門建設のために大量の花崗岩を切り出すため、200世帯を越える家族が石切場の仕事に従事した。また、オーストラリアの他の地域が不景気にあえいでいる時に、ここだけは仕事があった。

 NSW州立図書館は、ブリッジ開通85周年を記念して当時の録音や資料を展示している。中には当時の建設労働者にインタビューした貴重な証言もある。また、国立フィルム音響アーカイブでも、ブリッジ建設と開通時の映像をオンラインで公開している。

 ABC・ラジオの番組で、NSW州立図書館のアンニ・タンブル学芸員は、「ハーバーを横断する道路の案は、1815年頃に流刑囚から植民地の建築家になったフランシス・グリーンウェイが考えている。しかし、橋にするかトンネルにするか、どのような設計にするか、誰が建設費を負担するかなどで決着がつかず、100年が過ぎた。

 13,000時間に及ぶデジタル化された録音の一部は図書館の「Bridge Builders」コレクションで聞くことができる。
■ソース
Sydney Harbour Bridge celebrates 85th birthday with release of archival footage and worker interviews

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る