シドニー・テロ計画摘発、民家捜索で4人逮捕

国内主要空港では重警戒で搭乗手続きに遅れ

 7月29日、NSW州警察、連邦警察、国内情報機関ASIOの合同テロ対策班がシドニー市内1か所と首都圏南西部の3か所の民家で捜索令状を執行し、4人を逮捕したことに続いて、オーストラリア国内で航空機爆破計画があったとして各主要空港は重警戒態勢に入り、搭乗手続きにかなりの遅れが出始めている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 マルコム・タンブル連邦首相は、「即製装置を使って航空機を落とすテロ計画を治安当局が発見し、阻止した」と発表している。

 また、国際線、国内線の搭乗客は搭乗手続きと検査に通常より時間がかかること、また客室持ち込み、預け入れいずれも荷物を減らすこととの呼びかけが出ているが、荷物の制限は従来の規則から公式変更はなく、ダレン・チェスター運輸相は、「主要空港で重警戒態勢に入っている。客室内の点検、荷物の点検が厳しくなっている」と発表している。

 7月30日午前にはアデレードとシドニーの空港で検査場を通過するまでに90分の遅れが出ていると報道されている。また、ABCジャーナリストがシドニー国際線ターミナルを取材し、空港に入る車の列の間をモーターバイクの警官がパトロールし、1台ずつ中を覗き込んでいる」と報告している。

 また、重警戒状況を乗客にインタビューし、「検査場の爆発物検査や面接検査がいつもより頻繁になっている他、ターミナル入り口のドアで爆発物検査が行われている」と伝えている。

 VIC州のあるカップルの場合、「空港には出発2時間前に到着すること」とのテキスト・メッセージを出発3時間前に受け取ったが、メルボルンから2時間の土地に住んでおり、「出発1時間前」ではなく、「2時間前」に来いと突然言われても不可能と憤慨している。
■ソース
Sydney terror raids: Airport delays expected as security increased over alleged plot

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る