ショッピング・センター駐車場にシンクホール出現

土曜日未明で駐車場には車なく、周辺閉鎖

 シンクホールというのは何らかの原因で地下に空洞ができ、突然地面が空洞に崩れ落ちて大きな穴になる現象を言う。日本でも博多で地下工事中に道路が陥没する事故があった。主な原因としては鉱山廃坑の落盤、石灰岩などの浸食、上下水道の漏れによる地下の土砂の浸食、永久凍土が溶けて浸食などがある。

 2月2日早朝、WA州パース市南のバルディビス地区のストックランド・ショッピング・センター駐車場に広い範囲にわたってシンクホールが出現した。現場は舗装した地面がわずかに沈み込む程度だが、地下の状態が不明なため、管理者は周辺を閉鎖して、調査を進め、補修対策を取ると発表している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午前6時30分頃、直径15mの大きさでアスファルトの舗装がくぼんでいるという報告を受けた管理者が駐車場の現場周辺を閉鎖した。早朝とあって現場に駐車はなく、また買い物客もいなかった。

 ショッピング・センターは通常通りに営業を始め、買い物客はシンクホールから遠い場所に駐車するよう管理者が呼びかけた。テナント店舗経営者らが監視を続けており、シンクホールは徐々に悪化していると話している。

 ストックランド管理者は、「追って発表があるまで駐車場南部分を閉鎖し、地元当局と協力し、土木技術者の徹底調査を始めている。調査結果が出次第補修作業を始める。利用客、店舗関係者の安全を最優先している」と発表している。

 ロッキンガム市のバリー・サメルズ市長は、「シンクホールのことはソーシャル・メディアで知った。市民の安全が第一であり、事故現場には近づかないよう呼びかけている」と語った。
■ソース
Sinkhole forms at Stockland shopping centre car park in Baldivis, south of Perth

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る