月曜朝のラッシュアワーにハーバーブリッジで交通渋滞

州営バス2台が橋上で衝突、立ち往生

 3月2日、月曜朝のラッシュアワーにシドニー・ハーバーブリッジで州営バス2台が衝突、立ち往生し、橋は南北両方向とも大きな遅れが出ている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 警察発表によると、同日午前9時頃、ブリッジ北岸ノース・シドニー側のラベンダー・ストリート出口付近でバス1台が他のバスの後尾に追突した。この事故で人身に被害はなかった。

 また、NSW州交通局発表によると、1台には乗客6人が乗っており、現場から他の車で運ばれた。また、1台は乗客を乗せていなかった。

 この事故のため、ブリッジの北行き車線の交通止めが午前10時まで続き、両方向の交通渋滞が起きている。また交通管理センターによると、北行きバスは30分の遅れが出ており、橋を渡るドライバーにも遅れを考慮して出かけるよう呼びかけている。

 この事故で、カール・エクスプレスウェイ、ウェスタン・ディストリビュータなどの他、シティ・ウェスト・リンクがハバーフィールド地区で、またビクトリア・ロードがロゼル地区でそれぞれ渋滞している。
■ソース
Peak hour bus crash on Harbour Bridge causes traffic woes

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る