NSW州のコロナウイルス患者、171人に増える

ハザード保健相「通算25,000件の検査で」発表

 NSW州内のコロナウイルス患者は171人にのぼっているが、NSW州政府のブラッド・ハザード保健相は、「これまでに25,000人の検査を行っており、発症率はまだまだ低い」と語っている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 3月16日午前11時までの24時間で新たに37人が陽性と判定され、合計171人になった。1日に37人が陽性と判定されたのはこれまでで最大の記録。

 ハザード保健相は、「今後2,3週間の間は急増加が予想される。171人のうち67人は海外で感染してきた。また44人は国内感染だ。また、17人は感染源がつかめていない。ただ、25,000人の検査でこの数字だから感染者数はまだまだ低いと考えられる」と語っている。

 ハザード大臣は、「一般社会も政府と一致協力してウイルスの影響を最小限に抑えるよう協力することが大切だが、感染した人の数は検査した人数に比べてもまた州の人口に比べてもまだまだごく少数だということを忘れず動揺を避けてもらいたい」と語っている。

 また、「3月11日にダラスからシドニーに到着したカンタスのフライトQF-8と、同じ3月11日にロサンジェルスからシドニーに到着したバージンのフライトVA-2に搭乗していた乗客に連絡を取るよう努力している。さらに、3月4日と13日にポコルビンのオークベール・ワイナリーを訪れた人は熱や呼吸器系症状に注意していてもらいたい」と語っている。
■ソース
Coronavirus in NSW sees ‘dramatic increase’ with 171 cases now recorded

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る