ブリスベンでクラスター関連陽性者6人

UK株でホテル隔離体制の洗い直し必至

 QLD州では市中感染は1人も出なかったが、ブリスベンで感染力の強いイギリス型突然変異株感染者が新たに2人、合計6人がいずれも感染源をブリスベン都心部の海外帰国者隔離ホテルに遡ったことから、ホテルのスタッフや隔離客らを立ち退かせ、百人を超える人々を隔離しなければならなくなっている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 QLD州のジャネット・ヤング主席医務官は、「ホテル隔離制度、海外帰国者の扱いについて直ちに抜本的な見直しをしなければならない」と発言している。

 海外帰国者の隔離ホテルになっているホテル・グランド・チャンセラーでカジュアルの清掃係員をしている女性とその家庭感染者がイギリス型突然変異株に感染していたことで、保健当局と警察がその感染経路を捜査していた。また、240万人の市民を抱える大ブリスベン都市圏が3日間ロックダウンされた。

 アナスタシア・パラシェイQLD州首相は、同ホテルに隔離されている129人を他のホテルに移して検査する他、12月30日以来同ホテルに勤務した226人に通知を送り、検査を受けて自己隔離に入るよう指示した。また、12月30日以降にホテルを出た隔離客にも通知を送った、と発表した。

 さらに、「6人は、イギリスからの旅行者とパートナー、ホテルの清掃係員とそのパートナー、レバノンからの男性とその娘となっており、いずれも通知済みだ」と語っている。

 イギリスから帰国のホテルの隔離客は、「警察官2人が訪ねてきて、これからさらに2週間または1月26日までの隔離に入ると告げられた。過去25日間に4回の検査で陰性と判定されている。何度検査で陰性と判定されれば気が済むのか? 腹が立って仕方がない。妻はもう動顛しきっている。今朝、娘達が迎えに来てくれるはずだった。私達が1年間家を離れていたため、娘達は私達とで緒に過ごすために年休まで取っていたのに」と語っている。
■ソース
‘National concern’: Brisbane quarantine hotel evacuated as six cases are linked to cluster

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る