豪人男性、バリでマリファナ不法所持で逮捕される

「依頼人は精神障害者」と弁護士

 先週、インドネシアのバリ島の空港でオーストラリア人男性がマリファナ所持の容疑で逮捕された。しかし、インドネシアの刑事訴追の手続き上、10月15日まで容疑者の氏名が発表されなかった。

 ABC放送(電子版)は、これから起訴手続きが始まることになると伝えている。

 この男性はジョシュア・ジェームズ・ベイカー(32)で、オーストラリアからバリの空港に到着した時に28gのマリファナをタバコに混ぜて所持していたとされている。

 ベイカー容疑者は一旦警察から逃走したが、24時間後に再逮捕されている。

 バリ警察の報道担当官は、「ベイカーは容疑者であることを明らかにされたが、病院に送るか、警察署内に留置するかを検討している」と発表している。

 ベイカー容疑者の弁護士は、「依頼人は精神障害を患っており、オーストラリアで治療を受けさせるため、国外追放すべきだ。依頼人は病院でリハビリを受けなければならない。また、投薬を欠かすと精神障害が現れ、攻撃的になる」と語っている。

 インドネシアでは少量の違法薬物所持でも長期刑になる。ただし懲役刑の最高の15年が適用されることはめったになく、個人使用でマリファナを所持していた場合には通常1年程度の懲役刑が科せられる。2017年初め、パース出身のジュゼッペ・セラフィーノは、ハシシを8g所持していたことで7か月の実刑を受けている。
■ソース
Australian man Joshua James Baker faces long jail term over drugs in Bali

 JCB Yumepirika Campaign CJM Lawyers 幌北学園 kidsphoto nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス キレイになろう特集 Coupon Banner

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る